Energia 中国電力

島根原子力発電所の安全性<2> 津波への対策

  当社では,最新の科学的知見を踏まえ,さらに安全側に立った評価を行う観点から,自治体による津波評価についても検討を行った上で,これまで想定していた津波高さを見直し,それに対して余裕を持った安全対策を行っています。

新規制基準による津波評価

新規制基準による津波評価 イメージ
  島根原子力発電所の基準津波は,鳥取県(2012)が日本海東縁部に想定した地震による津波,日本海東縁部に想定される地震発生領域の連動を考慮した地震による津波,敷地前面海域から想定される地震による津波を「基準津波」として,安全性を評価しています。
  基準津波による発電所敷地における最高水位は,施設護岸で海抜11.6メートル(防波堤なしの場合)ですが,発電所の津波対策として設置した海抜15メートルの防波壁の高さを十分下回っています。

施設護岸での最高水位

  

ページの先頭へ

多重の浸水防止対策

多重の浸水防止対策 イメージ
⇒もっと詳しい安全対策の内容は こちら をご覧ください。

ページの先頭へ