Energia 中国電力

島根原子力発電所の安全性<3> その他自然災害やテロへの対策

  「火山・竜巻・森林火災等の自然災害」により,原子炉設備の安全機能が一斉に失われることを防止するため,当社では,発生が予想される自然災害が島根原子力発電所に与える影響を評価し,安全性を損なうおそれのないことを確認しました。

火山・竜巻対策

火山・竜巻対策 イメージ

火山

■評価内容

発電所から半径160㎞圏内の第四紀火山(約258万年前以降に活動した火山)を調査し,火砕流や溶岩流および火山灰等の到達の可能性と到達した場合の影響を評価しました。
※火山灰については半径160㎞圏外の火山も検討

■評価結果

発電所から160㎞圏内の火山は大規模な噴火が発生しないと考えられることから,火砕流や溶岩流が発電所に到達する可能性がないことを確認しました。また,火山灰については島根原子力発電所の北西約290㎞に位置する韓国の鬱陵(うつりょう)島火山を考慮し,敷地において考慮すべき堆積厚さ(2㎝)の堆積荷重に対して,安全上重要な設備の健全性が維持できるなど,発電所への影響が小さいことを確認しました。

竜巻

■評価内容

発電所と同様の気象条件と考えられる日本海側の沿岸(北海道~本州)で,かつ海岸線から海側5km,山側5kmの地域において過去に発生した竜巻に基づき評価しました。

■評価結果

評価対象地域における過去最大竜巻および確率論的評価に基づき設定した最大風速69m/sに対して,原子炉建物などの安全上重要な設備の構造健全性等が維持され,安全性を損なうおそれのないことを確認しました。

※原子炉施設で起こり得るあらゆる事故・故障について発生頻度とその影響とを定量的に評価する手法。

ページの先頭へ

テロ対策

テロ対策 イメージ  原子力発電所では従来からの核物質防護の観点からテロ対策が義務付けられており,発電所構内外の警備を実施しています。
  また,今回実施した対策についても,高圧発電機車や送水車等の分散配備を行うなど一定のテロ対策の機能を有しています。
  なお,意図的な航空機衝突などのテロリズムによって炉心損傷が発生した場合に備えて,「特定重大事故等対処施設」を整備します。

※原子炉建物への故意による大型航空機の衝突,その他のテロリズムの発生後,原子炉施設の外から支援が行える施設

ページの先頭へ

内部 溢水 いっすい (建物内部での水漏れなど)対策

  原子炉建物内部で内部溢水が起きた場合でも,安全上重要な設備を浸水から守るため,水密扉への取替などの対策を実施します。
⇒もっと詳しい安全対策の内容は こちら をご覧ください。