Energia 中国電力

フィルタ付ベント設備の設置

万一,炉心が損傷した場合でも,放射性物質の放出量を大幅に低減できるようフィルタ付ベント設備を設置します。
[2号機:平成30年度内完了予定]
[3号機:平成31年度上期完了予定]

フィルタ付ベントの仕組み
現在の設備では,格納容器内のガスを大気に放出する際,一旦,圧力抑制室の水の中を通過させることで放射性物質の放出を低減する仕組みとなっていますが,新たに設置するフィルタを通過させることで,更に放出量を低減することができます。
(写真)フィルタ付ベント設備の設置

■ 平成26年1月
  炉心が損傷した場合でも,原子炉格納容器の破損を防止するとともに,放射性物質の放出量を大幅に低減できるようフィルタ付ベント設備を設置します。
(写真)フィルタ付ベント設備の設置
 平成25年5月
2,3号機において,フィルタ付ベント設備の土木工事に着手しました。