Energia 中国電力

下関発電所の概要

出力 運転開始 燃料
1号機 17.5万kW 昭和42年3月 石炭
2号機 40万kW 昭和52年9月 重油

発電所紹介
 下関発電所は燃料を燃やすことにより発生する窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx),ばいじんなどは脱硝装置,脱硫装置,集塵装置で取り除き,地球にやさしい発電所をめざしています。
 煙突の高さは200mあり,地元下関のシンボルとなっています。
 発電所の敷地は約33万平方メートルで,そのうち約1/3は緑地です。