中国電力

プレスリリース

報道資料
平成28年12月8日
中国電力株式会社

島根原子力発電所2号機 中央制御室空調換気系ダクト腐食について

  当社島根原子力発電所2号機(沸騰水型,定格電気出力82万キロワット)において,本日,中央制御室空調換気系のダクトの点検を行っていたところ,当該ダクトに腐食孔(横約100cm,縦約30cm)が生じていることを確認しましたので,お知らせします。

  当社としては,当該系統は,実用炉規則での安全上重要な設備に該当し,この系統に要求される必要な機能(隔離機能)を満足していないと判断しました。

  島根原子力発電所2号機は,平成24年1月27日から定期検査中のため,現在,原子炉は停止中(全燃料取出中)であり,本事象が発電所の安全性に影響を与えるものではありません。

  今後,当該ダクトが腐食した原因を調査するとともに,補修作業を実施する予定です。

  本事象による周辺環境への放射能の影響はありません。

以上

※ 実用発電用原子炉の設置,運転等に関する規則

  • あなたに知ってほしい話があります。
ページの先頭へ