Energia 中国電力

8月前半(9月7日公表)

不適合の管理状況(平成23年8月前半審議分)

印刷用PDF[126KB]

 平成23年8月1日~平成23年8月15日の間に,不適合判定検討会にて審議し,不適合と判定したもの。
 なお,不適合事象は重要度に応じて「A~Cのグレード分け」を行い,管理の程度を定めている。

Aグレード 0件

 対象となる事象は,ありませんでした。

ページの先頭へ

Bグレード 0件

 対象となる事象は,ありませんでした。

ページの先頭へ

Cグレード 16件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 8月2日 2号機 運転中 3号所内ボイラーの排ガス濃度(窒素酸化物,硫黄酸化物)測定用記録計の記録紙押さえが破損していることを確認した。
当該部品を取り替える。
2 8月3日 1号機 定期検査中 水ろ過装置用空気除湿器出口の露点温度が目標値より高めであることを確認した。
除湿器の吸着剤を取り替える。
(露点温度:空気中の水蒸気が凝結して露になりはじめるときの温度)
(吸着剤:空気中の湿分を吸着する物質)
3 8月3日 1号機 定期検査中 固体廃棄物処理系の遠心分離機ホッパー洗浄水の排水配管が詰まり気味であることを確認した。
当該配管を点検する。
(遠心分離機ホッパー:脱水した樹脂をドラム缶へ詰めるための装置)
4 8月4日 1号機 定期検査中 廃棄物処理制御室にある床ドレン脱塩器出口導電率計の指示が下限まで下がっていることを確認した。(現場にある計器は正常な値を指示している)
当該導電率計を校正する。
(床ドレン脱塩器:建物内で発生したほこり,錆び等の不純物を多く含んだ水を浄化するための機器の一つ)
5 8月5日 1号機 定期検査中 原子炉浄化系配管の点検において,リークオフ配管[PDF:140KB]内部の詰まりを確認した。
当該部位を清掃する。
リークオフ配管[PDF:140KB]:弁のグランド部から水が出てきた場合にその水を排水する配管)
(グランド:弁棒の可動部)
6 8月5日 2号機 運転中 タービン建物の照明用電源盤のブレーカー[PDF:106KB]の漏電テスト用押しボタンスイッチに誤って接触し,当該ブレーカー[PDF:106KB]が「切」となりタービン建物の照明が一部消灯した。(照明は非常灯により確保されている)
当該電源を復旧する。
ブレーカー[PDF:106KB]:電源供給先で短絡などにより異常な電流が流れた時に電源供給を遮断する装置)
7 8月8日 1号機 定期検査中 重油タンクの移設に伴い作成した「危険物貯蔵所設置許可申請書」に誤記があることを確認した。(申請過程において確認したもの)
当該申請書を修正する。
8 8月9日 2号機 運転中 廃棄物処理建物非管理区域の通路にある可動ルーバーが閉状態から開操作できないことを確認した。
当該設備を点検する。
(ルーバー:羽板(はいた)と呼ばれる細長い板を,枠組みに隙間をあけて平行に組んだもの)
9 8月10日 2号機 運転中 3号所内ボイラー水面計[PDF:40KB]の2つのうち1つからわずかな蒸気の漏えいを確認した。
当該水面計を点検する。
水面計[PDF:40KB]:容器内の液面の位置を外部から測る計測器)
10 8月10日 1号機 定期検査中 雑固体廃棄物焼却設備の雑固体供給リフトが下端停止位置で停止しないことを確認した。
当該機器を点検する。
(雑固体供給リフト:焼却する可燃物を供給機まで持ち上げる機械)
11 8月11日 2号機 運転中 地下水排水設備の真水ポンプの水槽水位が自動起動水位まで上昇しても,真水ポンプが起動しないことが確認された。
当該真水ポンプ起動・停止用計器を点検する。
12 8月12日 1号機 定期検査中 タービン建物の外気冷却設備運転中,外気冷却設備制御盤に「冷凍機異常」警報が発報し,冷凍機が停止した。
当該機器を点検する。
(外気冷却設備:建物内へ取り込む空気を冷却する設備)
13 8月12日 1号機 定期検査中 4号所内ボイラー制御室に「重油供給ポンプ[36KB]出口圧力低」警報が発報したことを確認した。(警報発報による予備機自動起動は良好)
当該重油供給系統を点検する。
14 8月12日 1号機 定期検査中 雑固体廃棄物処理設備の点検において,モルタル混練機の軸の磨耗を確認した。
当該部品を取り替える。
(雑固体廃棄物処理設備:配管廃材等の不燃性の放射性雑固体廃棄物を処理する設備)
(モルタル混練機:セメント,砂,水を混ぜ合わせる機械)
15 8月12日 1号機 定期検査中 気体廃棄物処理系の排気用配管室の天井に設置されている埋め込み金物の腐食,およびコンクリート部にわずかなひび割れが入っていることを確認した。
当該箇所を補修する。
16 8月12日 2号機 運転中 固体廃棄物処理系の温水タンク加温用の蒸気を供給する弁が全閉にもかかわらず,廃棄物処理制御室に「温水タンク温度」警報が発報し,温度が上昇していることを確認した。
当該弁を点検する。

ページの先頭へ