Energia 中国電力

8月後半(9月20日公表)

不適合の管理状況(平成23年8月後半審議分)

印刷用PDF[136KB]

 平成23年8月16日~平成23年8月31日の間に,不適合判定検討会にて審議し,不適合と判定したもの。
 なお,不適合事象は重要度に応じて「A~Cのグレード分け」を行い,管理の程度を定めている。

Aグレード 0件

 対象となる事象は,ありませんでした。

ページの先頭へ

Bグレード 1件 ※

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 8月29日 3号機 - 放射線管理区域への入退域管理を委託している監視員の誤認により,作業員(1名)がAPD[PDF:31KB]を未携行のまま管理区域への出入りを行った。
(作業員はガラスバッジ[PDF:31KB]を携行しており線量評価は可能)
管理区域入域中の線量を評価して管理システムへ登録する。
APD[PDF:31KB]:警報付ポケット線量計のこと。日々の被ばく線量を管理する器具)
ガラスバッジ[PDF:31KB]:放射線業務従事者の一定期間の被ばく線量を測定する器具)

※ 平成23年度第2回保安検査において,「監視」と判断されたことから管理グレードを「B」から「A」に変更。(平成23年10月後半審議分(11月21日公表)

ページの先頭へ

Cグレード 11件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 8月17日 1号機 定期検査中 燃料プール冷却系のA-ろ過脱塩装置が運転中にもかかわらず,この装置の差圧計指示値が下限まで下がっていることを確認した。
当該差圧計を点検する。
(燃料プール冷却系:燃料プールに保管されている使用済燃料から発生する熱の除去およびプール水の浄化を行う系統)
(差圧計:ろ過脱塩装置の入口と出口の圧力差を測定する計器)
2 8月17日 共通 - 4号所内ボイラーの蒸気だめに接続されている弁のグランド[PDF:40KB]部から,わずかな蒸気の漏えいを確認した。
当該弁を点検する。
(蒸気だめ:発生した蒸気を一時的に溜める容器)
(グランド[PDF:40KB]部:弁棒と弁箱の隙間に詰め物をして,内部の流体が漏れ出るのを防いでいる箇所)
3 8月18日 共通 - 3号所内ボイラーの水面計[PDF:39KB]の2つのうち1つから,わずかな蒸気の漏えいを確認した。
当該水面計[PDF:39KB]を点検する。
(水面計[PDF:39KB]:ボイラー内の水位の位置を外部から測る計測器)
4 8月18日 2号機 運転中 運転監視用計算機に入力しているD-逃がし安全弁の開度信号の不調により,中央制御室に「レンジ逸脱」の計算機警報が発報した。なお,実際のD-逃がし安全弁の開度は,「全閉」である。
当該開度計を調整する。
(逃がし安全弁:原子炉圧力容器内の過圧防止設備)
(安全弁開度レンジ逸脱:安全弁の開度が開度表示範囲を外れていること)
5 8月19日 2号機 運転中 B-除じんポンプ軸受温度がA-除じんポンプ軸受温度に比べ高いことを確認した。
当該ポンプの軸受部を点検する。
(除じんポンプ:除じん機[PDF:40KB]で除去したゴミ等を洗い流すためのポンプ)
除じん機[PDF:40KB]:発電所で使用する冷却水(海水)を取水する際に,ゴミ等を除去するための装置)
6 8月24日 2号機 運転中 固体廃棄物処理系の粉体貯槽に洗浄水を供給する弁のシート部[PDF:40KB]からわずかな水の漏えいを確認した。
当該弁を点検する。
(粉体貯槽:建物内で発生した,錆び等の不純物を含んだ水を濃縮乾燥処理して粉体化したものを一時的に貯めておく容器)
シート部[PDF:40KB]:弁の閉止機能を有するところ)
7 8月29日 共通 - 水ろ過装置のPACを注入している配管の継手部から,わずかな水の漏えいを確認した。
当該継手部を点検する。
(水ろ過装置:凝集沈殿及びろ過処理により淡水中の濁度成分を除去する装置)
(PAC:ポリ塩化アルミニウムの略称。水に含まれる浮遊物を沈殿させるための凝集剤)
8 8月30日 2号機 運転中 エリア放射線モニタ系のB-原子炉建物ダスト放射線モニタ用サンプリング装置の運転中に,中央制御室に「サンプルポンプ入口圧力異常」の警報が発報するとともに装置が自動停止した。
(関連する他のモニタ指示値に異常はなかった)
当該装置を点検する。
(ダスト放射線モニタ:建物内の選択された場所の空気を捕集し,放射性物質濃度を測定する計器)
9 8月30日 2号機 運転中 中性子検出器(取替予定品)を受け入れる予定であったが,国への事前手続き遅れにより,中性子検出器を予定通り受け入れることが出来なかった。
国への手続きを行う。
10 8月31日 共通 - 協力会社の敷地に設置している消火ポンプの入口配管からわずかな水の漏えいを確認した。
当該配管を点検する。
(消火ポンプ:消火栓や貯水槽に水を送るためのポンプ)
11 8月31日 1号機 定期検査中 雑固体廃棄物処理設備の点検において,モルタル混練機のスプレーノズルのネジ部が固く分解の際,ノズルを損傷した。
当該部品を取り替える。
(雑固体廃棄物処理設備:配管廃材等の不燃性の放射性雑固体廃棄物を処理する設備)
(モルタル混練機:セメント,砂,水を混ぜ合わせる機械)

ページの先頭へ