Energia 中国電力

12月前半(1月10日公表)

不適合の管理状況(平成24年12月前半審議分)

印刷用PDF[113KB]

 平成24年12月1日~平成24年12月15日の間に,不適合判定検討会にて審議し,不適合と判定したもの。
 なお,不適合事象は重要度に応じて「A~Cのグレード分け」を行い,管理の程度を定めている。

Aグレード 0件

 対象となる事象は,ありませんでした。

ページの先頭へ

Bグレード 1件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 12月13日 共通 原子炉施設保安規定(第60次改正)において,3号炉に関する添付書類に記載されている図の原子炉圧力の目盛数値(横軸)に誤りを確認した。(当該箇所は3号炉初装荷燃料が原子炉へ装荷開始されるまでは適用除外となっている)
当該原子炉施設保安規定の次回申請時に当該記載を修正する。
(原子炉施設保安規定:「核原料物質,核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」に定められており,原子力発電所の運転の際に実施すべき事項などを記載している。事業者が定めて申請を行い,国の審査を経て認可を受けるもの)

ページの先頭へ

Cグレード 29件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 12月3日 1号機 定期検査中 原子炉浄化系において,ろ過脱塩器の洗浄水を移送できないことを確認した。
当該移送配管を点検し適切に処置する。
(原子炉浄化系ろ過脱塩器:原子炉内を循環する冷却水の浄化を行う機器)
2 12月3日 1号機 定期検査中 原子炉補機冷却系熱交換器の点検において,水室のライニングの一部にはく離を確認した。
当該ライニングを補修する。
(原子炉補機冷却系熱交換器:原子炉関係のポンプ電動機等の機器へ供給している冷却水を冷やすための機器)
(水室:機器へ供給する水を冷やすための海水が流れる箇所)
(ライニング:腐食を防止するためゴム等を貼り付けたもの)
3 12月4日 1号機 定期検査中 固体廃棄物処理設備の弁点検において,復水廃樹脂を移送するための水圧を調整する弁のシート部[PDF:161KB]に傷を確認した。
当該弁シート部[PDF:161KB]を補修する。
(固体廃棄物処理設備:プラントで発生した廃液等を濃縮乾燥し粉体化したものを固化する設備)
(復水廃樹脂:タービンを回し終えた蒸気を凝縮した水の浄化に使用した樹脂)
4 12月4日 2号機 定期検査中 固体廃棄物処理設備において,電磁弁の不調により廃棄物を詰めたドラム缶を移送するコンベアが動かないことを確認した。
当該電磁弁を取り替える。
5 12月4日 共通 4号所内ボイラー起動時において,中央制御室に「シーケンス渋滞」の警報が発報したことを確認した。(蒸気だめからバーナーへ蒸気を供給する弁が「全開」しなかった)
当該弁単体での開閉操作により正常となった。
(所内ボイラー:空調の暖房用機器および発電所の起動・停止時に蒸気を使用する機器等へ蒸気を供給する装置(1,2号機共用として所内ボイラー2基を設置))
(シーケンス渋滞:ボイラーの起動・停止を自動で行う機能に不備があった場合に発報する警報)
(バーナー:蒸気の圧力を利用して燃料を噴霧し燃焼する装置)
(蒸気だめ:発生した蒸気を一時的に溜める容器)
6 12月4日 共通 4号所内ボイラーにおいて,ボイラーから直接バーナーへ蒸気を供給する弁が「全開」にもかかわらず,中央制御室の状態表示が「全閉」であることを確認した。
当該弁の状態表示用スイッチを点検し適切に処置する。
7 12月4日 共通 4号所内ボイラーにおいて,停止保管用の窒素ガスを供給する弁が「全開」しないことを確認した。
当該弁単体での開閉操作により正常となった。
(停止保管:ボイラー停止中の腐食防止のため液相部へは薬品を注入し,気相部へは窒素ガスを封入している)
8 12月5日 共通 雑固体廃棄物処理設備のモルタル固化装置において,水を供給する弁のシート部[PDF:161KB]からわずかな水の漏えいを確認した。
当該弁を点検し適切に処置する。
(雑固体廃棄物処理設備:配管廃材等の不燃性の放射性廃棄物を溶融,固化処理する設備)
(モルタル固化装置:放射性不燃物(配管廃材等)をセメントを使用し固化する装置)
9 12月6日 共通 貸与防災資機材である移動式モニタリングポスト[PDF:91KB]の点検において,1台に電気系統の故障を確認した。(代替品は保有している)
当該移動式モニタリングポスト[PDF:91KB]を取り替える。
(貸与防災資機材:原子力災害対応時,社外へ貸与する資機材)
(移動式モニタリングポスト[PDF:91KB]:環境放射線量を測定するための可搬式の放射線観測装置)
10 12月6日 2号機 定期検査中 液体廃棄物処理設備の弁点検において,凝縮水ろ過脱塩器の凝縮水フィルタホールディングポンプ[PDF:123KB]出口にある逆止弁の弁蓋に傷を確認した。
当該弁蓋を取り替える。
(液体廃棄物処理設備:発電所建物内の各設備等から発生する放射性および非放射性の排水を処理する設備)
(凝縮水ろ過脱塩器:建物内で発生したほこり・さび等の不純物を含んだ水を浄化する機器の1つ)
凝縮水フィルタホールディングポンプ[PDF:123KB]:ろ過脱塩器に張り付けている水を浄化するための樹脂の張り替え時等に運転し,樹脂が剥がれ落ちるのを防止するポンプ)
(逆止弁:流体の逆流を防止する弁)
11 12月6日 共通 発電所データ分析・評価活動管理手順書の13次改正版の施行において,10次改正での改正内容(実務にそぐわない文章の削除)が反映されていないことを確認した。(実務での使用は無かった)
当該箇所を修正する。
12 12月6日 2号機 定期検査中 A-非常用ディーゼル発電設備の冷却器の点検において,蓋の合わせ面にわずかな傷を確認した。
当該蓋を補修する。
(非常用ディーゼル発電設備:外部からの電力の供給がなくなった場合に炉心を緊急冷却する設備に電力を供給するための設備)
13 12月7日 2号機 定期検査中 固体廃棄物処理設備のA-温水ポンプの点検において,ポンプ軸受けのオイルシールに傷を確認した。
当該オイルシールを取り替える。
(温水ポンプ:加温および洗浄等で温水が必要な設備へ温水を供給するポンプ)
(オイルシール:潤滑油がポンプ側へ漏れ出ないようにするための部品)
14 12月7日 1号機 定期検査中 タービン建物空調換気設備のB-排風機の点検において,カップリングと軸とのはめ合い寸法が管理値をわずかに外れていることを確認した。
当該箇所を補修する。
(はめ合い寸法:穴と軸が互いにはまりあうための寸法)
15 12月7日 1号機 定期検査中 C-原子炉補機冷却水ポンプ[PDF:185KB]の点検において,ベアリング(軸受)を収めているケースにわずかな傷を確認した。
当該ケースを補修する。
原子炉補機冷却水ポンプ[PDF:185KB]:原子炉関係のポンプ電動機等の機器へ冷却水を供給するポンプ)
16 12月11日 1号機 定期検査中 原子炉補機冷却系熱交換器の点検において,配管接続部内面のライニングの一部にはく離を確認した。
当該ライニングを補修する。
17 12月11日 1号機 定期検査中 A-非常用ディーゼル発電設備のディーゼル機関軸受の点検において,軸受内面に傷を確認した。
当該軸受を取り替える。

18 12月11日 2号機 定期検査中 タービン建物ダストモニタ設備において,中央制御室に「C-タービン建物ダストモニタ放射線高」の誤警報が発報したことを確認した。(他の放射線モニタ指示に異常は無かった)
当該ダストモニタ検出器を取り替える。
(ダストモニタ:空気中の放射性物質濃度を測定している計測器)
19 12月11日 共通 気象観測データ(風向・風速)の記録計において,記録機構の動きが悪くなり記録できないことを確認した。(データについては,計算機に収録されている)
当該記録計を補修する。
20 12月12日 2号機 定期検査中 碍子汚損検出装置[PDF:105KB]へ電源を供給している盤において,通常「入」である碍子汚損検出装置[PDF:105KB]用電源スイッチが切れていることを確認した。
当該検出装置を点検し適切に処置する。
(碍子汚損検出装置[PDF:105KB]:定期的に碍子の汚損状態を測定する装置)
21 12月12日 1号機 定期検査中 A-非常用ディーゼル発電設備の点検において,燃料噴射ポンプ出口にある弁を押さえているバネが折れていることを確認した。
当該バネを取り替える。
(燃料噴射ポンプ:燃焼室に燃料を噴射するための燃料を供給するポンプ)
22 12月12日 1号機 定期検査中 A-原子炉補機海水ストレーナ[PDF:30KB]の点検において,内部に収納しているバスケットの網の一部が損傷していることを確認した。
当該バスケットを取り替える。
(原子炉補機海水ストレーナ[PDF:30KB]:原子炉補機海水系機器の損傷を防止するため海水中に存在する貝等のごみを除去するカゴ状の網(バスケット)を収納している機器)
23 12月13日 2号機 定期検査中 液体廃棄物処理設備の機器ドレンポンプ[PDF:107KB]点検において,ベアリング(軸受)内面に傷があることを確認した。
当該軸受を取り替える。
(機器ドレンポンプ[PDF:107KB]:各建物内の機器(ポンプ等)からの排水を移送するポンプ)
24 12月13日 1号機 定期検査中 A-非常用ディーゼル発電設備の点検において,起動用空気を供給する弁の弁体を固定するためのビスの不良を確認した。
当該ビスを取り替える。
25 12月14日 共通 当社設置の周辺モニタリングポスト[PDF:40KB]の点検において,手結地区にあるモニタリングポスト(室内)のエアコンが故障していることを確認した。
当該エアコンを取り替える。
(周辺モニタリングポスト[PDF:40KB]:環境放射線量を測定するため原子力施設周辺に設置された放射線観測装置)
26 12月14日 2号機 定期検査中 液体廃棄物処理設備の凝縮水ポンプ点検において,インペラ(羽根車)とライナリングの隙間がわずかに管理値を外れていることを確認した。
当該ポンプを補修する。
(凝縮水ポンプ:濃縮器復水器で発生した凝縮水を受けるタンクから別のタンクへ移送するポンプ)
(ライナリング:ポンプの羽根車とケーシングの摺動部分に取付けた部品)
27 12月14日 2号機 定期検査中 液体廃棄物処理設備のランドリ・ドレン濃縮器循環ポンプ点検において,インペラ(羽根車)とライナリングの隙間がわずかに管理値を外れていることを確認した。
当該部品(インペラ(羽根車)およびライナリング)を取り替える。
(ランドリ・ドレン濃縮器循環ポンプ:洗濯排水を濃縮処理する際に,排水を加熱器に送るポンプ)
28 12月14日 1号機 定期検査中 ドライウェル冷却系の除湿設備において,サージタンク水位計指示針の動きがなめらかでないことを確認した。
当該計器を取り替える。
(ドライウェル冷却系:ドライウェル内で発生した熱および湿分を除去することで機器の雰囲気温度湿度を適正範囲に保持する系統)
(サージタンク:水流水圧の急激な変化を吸収するために設置したタンク)
29 12月14日 1号機 定期検査中 安全協定に基づき自治体に報告している「島根原子力発電所1号機 第29回定期検査の実施状況」において,主蒸気安全弁および逃し弁(安全弁)にかかわる使用前検査合格日の誤記を確認した。
当該資料の訂正文書を自治体へ提出する。(12月17日訂正文書提出済)
(主蒸気安全弁および逃し弁(安全弁):原子炉の過圧防止設備)

ページの先頭へ