Energia 中国電力

7月後半(8月20日公表)

不適合の管理状況(平成27年7月後半審議分)

印刷用PDF[110KB]

 平成27年7月16日~平成27年7月31日 の間に,不適合判定検討会にて審議し,不適合と判定したもの。
 なお,不適合事象は重要度に応じて「A~Cのグレード分け」を行い,管理の程度を定めている。

Aグレード 0件

 対象となる事象は,ありませんでした。

ページの先頭へ

Bグレード 0件

 対象となる事象は,ありませんでした。

ページの先頭へ

Cグレード 13件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 7月17日 3号機 建設中 原子炉建物において,作業に伴い火災感知器にカバーを取り付けていたが,作業終了後もカバーが取り外されていないことを確認した。

当該感知器のカバーを取り外す。
2 7月21日 3号機 建設中 原子炉建物において,現場監視員が入退域情報登録装置を使用しないで,管理区域への入退域をさせていたことを確認した。(作業員はAPDを着用し,入退域情報は紙に記録していた。)

紙に記録した入退域情報を入退域情報登録装置に入力する。

(入退域情報登録装置:IDカードとAPDにより入退域情報を計算機に伝送することにより,管理区域への入退域管理を行う装置)
(APD:警報付ポケット線量計。日々の被ばく線量を管理する測定器)
3 7月23日 1号機 施設定期
検査中
原子炉建物空気冷却設備において,冷凍機の異常を知らせる警報が発報し,当該冷凍機が停止したことを確認した。

当該冷凍機を点検する。
4 7月23日 2号機 施設定期
検査中
海水温度記録計において,記録紙の送りが正常でないことを確認した。

当該記録計を補修する。
5 7月23日 共通 免震重要棟の消防設備点検において,脱衣室の天井と間仕切りカーテンの上端とのすきまが狭いことを確認した。

天井と間仕切りカーテンのすきまを広げる。

(免震重要棟:事故発生時の緊急時対策所として使用する免震構造の建物)
6 7月24日 2号機 施設定期
検査中
廃棄物処理建物において,ドラム缶積み出し扉の異常を知らせる警報が発報し,電動での開閉ができないことを確認した。

当該扉を点検する。
7 7月24日 2号機 施設定期
検査中
停電操作において,遮断器の操作スイッチに動きの悪いものがあることを確認した。

当該操作スイッチを補修する。

(遮断器:電気回路を「入」「切」する装置)
8 7月24日 1号機 施設定期
検査中
海水電解装置において,注入ポンプの出口弁のシート部からのわずかな電解液の漏えいを確認した。

当該弁を補修する。

(海水電解装置:海生生物の付着を抑制するため,海水を電気分解して電解液を生成し,海水を使用している機器に注入する装置)
(注入ポンプ:海水電解装置で生成した電解液を,海水を使用する系統に注入するポンプ)
(電解液:海水電解装置により生成した次亜塩素酸ソーダ)
9 7月24日 共通 固体廃棄物貯蔵所の消防設備の点検において,誘導灯が避難に有効な箇所に設置されていないことを確認した。

当該誘導灯を移設する。

(固体廃棄物貯蔵所:低レベル放射性廃棄物を詰めたドラム缶を保管するための建物)
10 7月28日 1号機 施設定期
検査中
鉄イオン注入装置において,手動弁が閉操作できないことを確認した。

当該弁を補修する。

(鉄イオン注入装置:復水器内の冷却配管内面に金属酸化皮膜を作って保護するための装置)
11 7月28日 共通 焼却設備において,焼却炉排ガスモニタのサンプリング配管に詰まりがあることを確認した。

当該配管を補修する。

(焼却設備:可燃性の固体廃棄物を焼却する設備)
(焼却炉排ガスモニタ:焼却炉の排ガス中の放射線量を測定する装置)
(サンプリング:分析用の流体を採取すること)
12 7月28日 2号機 施設定期
検査中
ランドリ・ドレン濃縮器供給ポンプにおいて,当該ポンプの出口圧力が上昇しないことを確認した。

当該ポンプを点検する。

(ランドリ・ドレン濃縮器供給ポンプ:ランドリ・ドレン濃縮器に洗濯排水を供給するポンプ)
(ランドリ・ドレン濃縮器:洗濯排水を濃縮処理する機器)
13 7月28日 1号機 施設定期
検査中
タービン建物空調換気設備において,冷凍機の異常を知らせる警報が発報し,当該冷凍機が停止したことを確認した。

当該冷凍機を点検する。

ページの先頭へ