Energia 中国電力

8月前半(9月7日公表)

不適合の管理状況(平成27年8月前半審議分)

印刷用PDF[90KB]

 平成27年8月1日~平成27年8月15日の間に,不適合判定検討会にて審議し,不適合と判定したもの。
 なお,不適合事象は重要度に応じて「A~Cのグレード分け」を行い,管理の程度を定めている。

Aグレード 1件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 8月7日 共通 7月21日(6月後半審議分)に公開した以下の内容について,平成27年8月5日の原子力規制委員会において,保安規定違反(監視)として報告されたことから管理グレードを「B」から「A」に変更する。

(保安規定:「核原料物質,核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」に定められており,原子力発電所の運転の際に実施すべき事項などを記載している。事業者が定めて申請を行い,国の審査を経て認可を受けるもの)
(保安規定違反(監視):4段階ある保安規定違反のうち最も軽微なもの。保安検査官による継続確認を行う必要がある事象。)

7月21日(6月後半審議分)公開内容
日本原燃株式会社による低レベル放射性廃棄物(LLW)の搬出前の監査において,ドラム缶にモルタル充填する際に用いる流量計に以下の不適切な取り扱いがあったことを確認した。
①校正しないまま当該計器を使用した。
②実際には校正していないにも関わらず,校正していたかのように記録を作成した。
(平成27年6月30日お知らせ済)

①LLWドラム缶の搬出を中止する。当該計器を校正する。
②不適切な記録に識別を行う。

(低レベル放射性廃棄物(LLW):原子力発電所の運転等に伴って発生する放射能レベルの低い放射性廃棄物)
(校正:計器・測定装置の指示値を正しい数値に合わせること)

ページの先頭へ

Bグレード 0件

対象となる事象は,ありませんでした。

ページの先頭へ

Cグレード 15件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 8月3日 2号機 施設定期
検査中
タービン建物の防火扉において,所定の手続きが行われていないまま,当該扉を開放した状態で作業していることを確認した。

当該扉を閉止する。
2 8月3日 2号機 施設定期
検査中
固体廃棄物処理設備の窒素ガス製造装置において,空気乾燥器の異常を知らせる警報が発報し,当該空気乾燥器が停止したことを確認した。

当該乾燥器を点検する。

(固体廃棄物処理設備:発電所建物内で発生する固体廃棄物を処理する設備)
(窒素ガス製造装置:粉体化された廃棄物を処理する設備において,粉塵爆発を防ぐために注入する窒素ガスを製造する装置)
3 8月4日 1号機 施設定期
検査中
開閉所周辺の配管ダクトの点検において,海水を排水する系統の一部の配管サポートが腐食していることを確認した。

当該配管サポートを補修する。

(配管サポート:配管の荷重等を支持するために使用される支持金具)
4 8月4日 共通 サイトバンカ建物のモニタ室において,空調機を運転しても室温が下がらないことを確認した。

当該空調機を補修する。

(サイトバンカ建物:使用済のチャンネルボックスや制御棒等の放射性固体廃棄物を貯蔵・保管するための建物)
(チャンネルボックス:燃料集合体の外部を覆っている金属製の筒)
(モニタ室:放射線モニタ関係の制御盤等を設置している部屋)
5 8月4日 共通 モニタリングポスト[PDF:55KB]の点検において,記録計の表示部が正常でないことを確認した。

当該表示部を補修する。

モニタリングポスト[PDF:55KB]:環境放射線量を測定するため原子力施設周辺に設置された放射線観測装置)
6 8月5日 1号機 施設定期
検査中
チャンネル着脱機の点検において,当該着脱機が設定された位置で停止しないことを確認した。

当該着脱機を補修する。

(チャンネル着脱機:プール内で燃料集合体のチャンネルボックスを着脱させる装置)
7 8月5日 共通 可搬式消防ポンプ[PDF:133KB]の点検において,起動しないポンプ(No.47)があることを確認した。

当該ポンプを補修する。

可搬式消防ポンプ[PDF:133KB]:代替注水用送水車等(原子炉冷却機能喪失時に,代替手段として,貯水槽,海等から取水し炉心を冷却する設備)の代替手段として使用する可搬式のポンプ)
8 8月7日 共通 大量送水車の点検において,真空ポンプの起動スイッチが復帰しないことを確認した。

当該起動スイッチを補修する。

(大量送水車:原子炉冷却機能喪失時に,代替手段として,貯水槽,海等から取水し炉心を冷却する設備のうちのひとつ)
9 8月10日 共通 サイトバンカ建物のプール水ろ過脱塩器において,サンプリング弁のシート部からのわずかな水の漏えいを確認した。

当該弁を補修する。

(ろ過脱塩器:水の浄化を行う機器)
(サンプリング弁:分析用の試料を採取する弁)
10 8月12日 1号機 施設定期
検査中
固体廃棄物処理設備において,濃縮廃液のタンク間の移送用配管に詰まりがあることを確認した。

当該配管を補修する。

(濃縮廃液:管理区域内で発生した排水を濃縮処理したもの)
11 8月12日 1,2号機
共通
所内ボイラーにおいて,ドラム水面計からのわずかな蒸気の漏えいを確認した。

当該水面計を補修する。

(所内ボイラー:空調の暖房用機器および発電所の起動・停止時に蒸気を使用する機器等へ蒸気を供給する装置)
(ドラム:ボイラーの上部に設置し蒸気を取り出す設備)
(水面計:容器内の液面の位置を外部から測る計測器)
12 8月12日 共通 消火ポンプ[PDF:335KB]について,社内で定めた点検周期(6か月)に基づき,平成27年7月に点検を予定していたが,ろ過水タンクが取替工事中であるため,点検時期を平成28年2月に変更することとした。(前回点検時期:平成25年8月)

当該ポンプの点検時期を延期する。

消火ポンプ[PDF:335KB]:ろ過水タンクから構内へ水を送るポンプ)
(ろ過水タンク:ろ過処理された水を貯蔵するタンク)
13 8月12日 共通 自治体に報告した「点検不備アクションプラン(不適合管理プロセスの改善)」の平成26年度第4四半期実施状況において,誤記があることを確認した。

当該資料の記載を修正し,自治体へ提出する。

(点検不備アクションプラン:点検不備問題に係る再発防止対策)
14 8月12日 2号機 施設定期
検査中
原子炉建物において,エアロック扉駆動用空気配管のドレントラップからのわずかな空気の漏えいを確認した。

当該ドレントラップを補修する。

(エアロック扉:原子炉建物を負圧に維持するための,空気で開閉する二重扉)
(ドレントラップ:配管内に溜まった水を抜く機器)
15 8月14日 共通 可搬式消防ポンプ[PDF:133KB]の点検において,ポンプ圧力が規定値より若干低いポンプがあることを確認した。また,起動しないポンプ(No.4)があることを確認した。

当該ポンプを補修する。

ページの先頭へ