Energia 中国電力

10月後半(11月20日公表)

不適合の管理状況(平成30年10月後半審議分)

印刷用PDF[131KB]

平成30年10月16日~平成30年10月31日の間に,不適合判定検討会にて審議し,不適合と判定したもの。

なお,不適合事象は重要度に応じて「A~Cのグレード分け」を行い,管理の程度を定めている。

Aグレード 0件

対象となる事象は,ありませんでした。

Bグレード 0件

対象となる事象は,ありませんでした。

Cグレード 37件

No 審議日 号機 プラント
運転状態
不適合事象・処置計画
1 10月16日 3号機 建設中 取水槽に設置しているクレーンの点検において,横行装置が動作しないことを確認した。

当該横行装置を点検する。
2 10月16日 共通 ガスタービン発電機車の起動確認において,起動時に異常を確認した。

当該ガスタービン発電機車を点検する。
3 10月16日 共通 サーベイメーターの点検において,電離箱式サーベイメーターが故障していることを確認した。

当該サーベイメーターを補修する。

(サーベイメーター:放射線量を測定する持ち運び可能な機器)
(電離箱:サーベイメーターの一種であり,内部に充填されたガスが放射線により電離することを利用して線量の測定を行う機器)
4 10月16日 共通 水質分析装置が故障していることを確認した。

当該水質分析装置を点検する。
5 10月17日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,重油供給ポンプ用電動機のブラケット内部が摩耗していることを確認した。

当該電動機を補修する。

(所内ボイラー:空調の暖房用機器および発電所の起動・停止時に蒸気を使用する機器等へ蒸気を供給する装置)
(ブラケット:ベアリングを固定するための部品)
6 10月17日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,スートブロワ(1)用電動機のブラケット内部が摩耗していることを確認した。

当該電動機を補修する。

(スートブロワ:伝熱面に付着したすすを蒸気などを噴射して除去する機器)
7 10月17日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,スートブロワ(2)用電動機のブラケット内部が摩耗していることを確認した。

当該電動機を補修する。
8 10月17日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,スートブロワ(3)用電動機のブラケット内部が摩耗していることを確認した。

当該電動機を補修する。
9 10月17日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,節炭器スートブロワ用電動機のブラケット内部が摩耗していることを確認した。

当該電動機を補修する。

(節炭器:ボイラーの燃焼ガスを利用し,給水を加熱する装置)
10 10月17日 2号機 施設定期
検査中
原子炉建物の水密扉において,リミットスイッチが損傷していることを確認した。

当該リミットスイッチを取替える。
11 10月19日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,缶水循環ポンプの羽根車が摩耗していることを確認した。

当該羽根車を取替える。

(缶水循環ポンプ:熱効率を上げるためボイラー内の水を循環させるポンプ)
12 10月19日 3号機 建設中 海水電解装置の点検において,差圧計の信号ケーブルが誤って配線されていることを確認した。

当該信号ケーブルを正しく配線する。

(海水電解装置:海生生物の付着を抑制するため,海水を電気分解して電解液を生成し,海水を使用している機器に注入する装置)
13 10月22日 1,2号機
共通
所内ボイラーの点検において,安全弁の弁棒にわずかな傷を確認した。

当該安全弁を取替える。

(安全弁:装置機器類や配管等に取り付けあらかじめ定められた圧力になった時,自動的に開弁し内部流体を排出して装置機器類や配管を圧力的に保護するための安全装置)
14 10月22日 1,2号機
共通
所内ボイラーの点検において,電磁弁のシート部からわずかな空気の漏えいを確認した。

当該電磁弁を取替える。

(電磁弁:電磁石で作動する弁)
15 10月22日 共通 高経年化技術評価書において,記載に誤りがあることを確認した。

当該評価書を修正する。

(高経年化技術評価書:安全上重要な機器・構造物について,長期間運転することを想定した高経年化に関する技術評価をまとめたもの)
16 10月22日 共通 消防設備の点検において,自動火災報知器盤の表示が不鮮明になっていることを確認した。

当該報知器盤を取替える。
17 10月23日 1号機 廃止措置
段階
液体廃棄物処理設備において,系外放出配管が腐食していることを確認した。

当該配管を取替える。

(液体廃棄物処理設備:発電所建物内で発生する廃液を処理する設備)
(系外放出:管理区域内の洗濯排水等をフィルタ等でろ過・脱塩,蒸発濃縮処理した後,放射能を測定して安全を確認し放水口から放出すること)
18 10月23日 1号機 廃止措置
段階
放射線モニタにおいて,電源スイッチの接触不良を確認した。

当該電源スイッチを補修する。
19 10月23日 2号機 施設定期
検査中
計装用空気圧縮機において,フローグラス取付け部からわずかな水の漏えいを確認した。

当該フローグラス取付け部を補修する。

(計装用空気圧縮機:計測制御機器へ供給する作動用空気を作る機器)
(フローグラス:透明なガラス等でできており配管路の途中に設置し配管内を通る流体の状況を目視により監視する機器)
20 10月23日 共通 モルタル固化設備流量計の未校正期間中に製作した充填固化体は,流量計が未校正であるが故に「充填固化体の標準的な製作方法」の製品品質管理プロセスの規定要求事項に適合していないことを確認した。

このたび,当該固化体は技術評価により,当社として次工程に進めるための要求事項に適合していると判断したことから,今後,必要な手続きを行う。
なお,モルタル固化設備流量計の校正記録における不適切な取り扱い(平成27年6月30日お知らせ済)については,製作プロセスの不適合として平成27年6月後半審議分で処置済み。

(校正:計器・測定装置の指示値を正しい数値に合わせること)
21 10月24日 3号機 建設中 配管ダクトの漏油検知器の点検において,当該検知器が動作しないことを確認した。

当該検知器の検出部を清掃する。

(漏油検知器:配管からの油の漏えいを検知する計器)
22 10月24日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,給水ポンプ用電動機のブラケット内部が摩耗していることを確認した。

当該電動機を補修する。

(給水ポンプ:所内ボイラーに水を供給するポンプ)
23 10月24日 2号機 施設定期
検査中
原子炉建物のエアロック扉において,扉開用のスイッチが動作しない場合があることを確認した。

当該をスイッチを取替える。

(エアロック扉:原子炉建物を負圧に維持するための,空気で開閉する二重扉)
24 10月24日 共通 純水装置において,電磁弁のシート部からわずかな空気の漏えいを確認した。

当該電磁弁を取替える。

(純水装置:発電所の運転に必要な浄化した水を作る装置)
25 10月25日 3号機 建設中 所内ボイラーの点検において,空気圧縮機用電動機用冷却ファンのキー溝が摩耗していることを確認した。

当該冷却ファンを取替える。

(キー:電動機の軸と冷却ファンを一体化するための部品)
26 10月25日 2号機 施設定期
検査中
原子炉建物において,ドレン配管に詰まりがあることを確認した。

当該ドレン配管を清掃する。

(ドレン配管:水を抜くための配管)
27 10月25日 共通 雑固体廃棄物焼却設備の点検において,電磁弁の動作電流が管理値から外れていることを確認した。

当該電磁弁を取替える。

(雑固体廃棄物焼却設備:可燃性の廃棄物を焼却する設備)
28 10月25日 共通 原子炉建物において,APD携帯チェック装置が故障していることを確認した。

当該装置を補修する。

(APD携帯チェック装置:飛び地管理区域に入退域するための装置)
(APD:警報付ポケット線量計。被ばく線量を管理する機器)
29 10月26日 共通 雑固体廃棄物焼却設備において,電磁弁のシート部からわずかな空気の漏えいを確認した。

当該電磁弁を取替える。
30 10月30日 3号機 建設中 所内ボイラーにおいて,減圧弁からわずかな空気の漏えいを確認した。

当該減圧弁を取替える。

(減圧弁:圧力を調整する弁)
31 10月30日 2号機 施設定期
検査中
固体廃棄物処理設備において,ポンプが停止しているにもかかわらず,ポンプの出口圧力計の指示がでていることを確認した。

当該圧力計を点検する。
32 10月30日 共通 αβダスト・よう素モニタの点検において,サンプリング装置のインバータ周波数が上昇していることを確認した。

当該サンプリング装置を点検する。

(αβダスト・よう素モニタ:空気中の放射性物質濃度を測定する計測器)
33 10月30日 1,2号機
共通
所内ボイラーにおいて,計器弁のシート部からわずかな空気の漏えいを確認した。

当該弁を取替える。
34 10月30日 2号機 施設定期
検査中
原子炉建物のサンプリング設備において,配管ヒータのしゃ断器が動作したことを確認した。

当該配管ヒータを点検する。

(しゃ断器:電気回路を入切する装置)
35 10月30日 1号機 廃止措置
段階
航空障害灯が消灯しているものがあることを確認した。

当該障害灯を点検する。
36 10月30日 2号機 施設定期
検査中
液体廃棄物処理設備において,ドレンサンプポンプが停止しているにもかかわらず,流量計の指示がでていることを確認した。

当該流量計を点検する。

(液体廃棄物処理設備:発電所建物内で発生する廃液を処理する設備)
(ドレンサンプポンプ:建物内で発生したドレンをタンクへ送るポンプ)
37 10月30日 2号機 施設定期
検査中
残留塩素濃度計の点検において,フィルタケースが損傷していることを確認した。

当該フィルタケースを取替える。

(残留塩素濃度計:放水口における塩素の濃度を測定する計器)

ページの先頭へ