Energia 中国電力

上関原子力発電所準備工事における 環境監視調査結果(平成24年度 第4四半期)について

中国電力株式会社

上関原子力発電所準備工事における
環境監視調査結果(平成24年度 第4四半期)について

当社は,平成21年4月より,上関原子力発電所準備工事による周辺環境への影響を把握するため,環境監視調査を実施しています。
このたび,平成24年度第4四半期の調査結果(速報)がまとまりましたのでお知らせします。(別紙1参照 [PDF:227KB])
平成24年度通年の環境監視結果については,他の四半期の結果と合わせて取りまとめのうえ,別途公表する予定です。

平成25年度についても,引き続き環境監視調査を実施してまいりますが,準備工事の実施状況に合わせ,一部内容の見直しを行うこととしています。(別紙2参照 [PDF:219KB])

なお,当社は,第5回環境監視委員会(平成23年7月開催)において,貴重種である海藻類の「ウミフシナシミドロ」とは別の種(V.piloboloides:和名なし)が,上関周辺海域で広く分布しているという調査結果を公表しています。
その後,公益財団法人 海洋生物環境研究所に詳細な分析・評価を依頼したところ,同研究所は,同種について「日本初確認種である」ことを確認しましたが,同時に「日本の海域で広く生育が確認される可能性が高い」との考察を示しました。
上記考察を受け,準備工事等による環境への影響について環境監視委員会に確認した結果,同種は,工事海域に限定されず上関周辺海域に広く生育していることなどから,現行の環境保全措置を確実に実施することで影響は少ないとの見解を得ています。(別紙2参照 [PDF:219KB])

当社は,引き続き,上関地点の環境保全措置を適切に実施してまいります。

〔※〕上関原子力発電所建設工事や運転に伴う環境保全等に関する事項について,意見や指導を得ることを目的に,学識経験者等で構成する当社が自主的に設置した会議体。

以上