Energia 中国電力

島根原子力発電所での事故時等における記録及びその保存の徹底に関する報告について

EnerGia 報道資料

中国電力株式会社

島根原子力発電所での事故時等における記録及び
その保存の徹底に関する報告について

 当社は,経済産業省原子力安全・保安院から「事故時等における記録及びその保存の徹底について(指示)1」(平成24年8月23日付)を受け,島根原子力発電所1,2,3号機に設置している記録装置とその運用について確認を行い,本日,国に報告しました。

 島根原子力発電所では,警報内容やプラント機器の動作情報を記録する装置として,プロセス計算機※2に記憶媒体を備えており,動作情報は記憶媒体に保存されるとともにプリンタで印字することができます。
 記憶媒体とプリンタのいずれも無停電電源装置により電気が供給されていることや,バックアップ用プリンタを設置していること,また運転員が毎日プリンタの印字状況を確認していることなどから,事故時においても記録およびその保存が実施できることを確認しました。

 また,信頼性向上に係る対応として,現状,プリンタ本体が故障を検知すると故障メッセージを表示する仕様となっていますが,運転員が事故対応に伴うプラント操作や計器類の監視などを実施していても,速やかに故障を確認して対処できるよう,プリンタ故障時に中央制御室内へ警報を発信するよう対策を行うこととしました。

 当社は,引き続き,新たな知見にも適切に対応し,事故時において実態把握に影響が出ることのないよう努めてまいります。

以上

※1

原子力安全・保安院からの指示(概要)

 原子力安全・保安院は,東京電力株式会社福島第一原子力発電所1号機の非常用ディーゼル発電機や主蒸気逃がし安全弁の作動に係る警報の記録がないことを受け,原子力事業者に対して,以下を実施し,その結果を平成24年9月21日までに報告することを求めている。

1. 現状の装置やその運用を確認する

2. 必要に応じて信頼性向上に係る適切な対応を検討

※2

プロセス計算機

 プラントの監視・操作に必要な情報(圧力,温度,流量など)を運転員に提供する設備