Energia 中国電力

Hiビーズ(登録商標 第4530460号)

  石炭灰(フライアッシュ)に,少量のセメントと水を加えて造粒した商品。
  次の特性から,海域沿岸,河口の底質の環境改善,港湾の地盤改良に実績があり,また,用途に応じた造粒径の商品を提供しています。

パンフレット [PDF:1,662KB]

Hiビーズ(写真)の特性

Hiビーズ(写真)の特性 イメージ
  1. 悪臭の原因となる硫化水素,赤潮の原因となる栄養塩(窒素,リン)を吸着して水中への溶出を抑制。
    ⇒ 悪臭低減および富栄養化の防止により環境を改善
  2. 粒どうしの隙間,粒内部の微細な孔(容積の40%)により,透水性が高い。
    ⇒ 貧酸素を緩和
  3. 10N/mm2程度の強度を持ち,高いせん断強度(断面にずれが生じないように抵抗する力)を持つ。

海域沿岸,河口での底質改善のための活用

1.Hiビーズをシルト・粘土層上に撒く(覆砂)

Hiビーズをシルト・粘土層上に撒く(覆砂) イメージ

2.Hiビーズの浸透柱をシルトまたは粘土層の中に形成

Hiビーズの浸透柱をシルトまたは粘土層の中に形成イメージ

港湾での軟弱地盤改良工事への活用

サンドドレーン工法 イメージ
1.  サンドドレーン工法では,Hiビーズにより,軟弱地盤中に柱および表層に排水層を形成し,軟弱地盤中の間隙水をHiビーズ柱に浸透,排出させ地盤を強化します。
  この際,Hiビーズの透水性が砂より高いため,構造物や盛土等の荷重が作用する地盤の圧縮沈下を早めます。
サンドコンパクションパイル工法 イメージ
2.  サンドコンパクションパイル工法では,通常,強固に締固めた砂杭を地中に造成して地盤を改良します。
  この工法で,砂より軽量のHiビーズを代替材として使用し,作業効率を向上させます。

Hiビーズの主な採用実績

用途 施主 工事名 時期
Hiビーズを
覆砂材として利用
国土交通省 島根県中海環境修復事業 H17~調査継続中
山口県 山口県馬島沖環境修復事業 H14~H27
山口県 埴生沖環境修復事業 H18
山口県 小野田沖環境修復事業 H20
島根県 安来港環境修復事業 H22~H23
エネルギア・エコマテリア 江田島切串 H20~調査継続中
国土交通省 広島港(海田湾) H22
中国電力グループ・島根大学 中海浚渫窪地環境修復事業 H21~調査継続中
国土交通省・広島県・福山市 福山港内港環境修復事業 H23~調査継続中
広島高速道路公社 本川干潟環境修復事業 H23
広島県 京橋川環境修復事業 H25
Hiビーズを詰めた
浸透柱や溝を
干潟に敷設し
透水性を向上させ
ヘドロの除去を実施
松江市 松江堀川環境修復事業 H25
中国電力 旧太田川干潟修復事業 H17~調査継続中
国土交通省 旧太田川干潟修復事業 H21~調査継続中
中国電力 天満川干潟修復事業 H20~調査継続中
国土交通省 京橋川・元安川合流点干潟修復事業 H20~調査継続中
広島県 京橋川干潟修復事業 H23~調査継続中
Hiビーズを
アサリの育成
基盤材として利用
国土交通省 天満川干潟修復事業 H23~H24
中国電力グループ 馬島エビ養殖場跡地整備事業
(アサリ育成基盤)
H16~H19
中国電力グループ 岩国干潟修復事業 H18~H20
中国電力グループ 戸崎干潟修復 H18~H21
中国電力グループ 切串干潟修復 H19~H22
Hiビーズを藻場の
基盤材として利用
中国電力グループ 馬島エビ養殖場跡地整備事業
(アサリ育成基盤)
H16~H19
中国電力 宇品地区 H21~調査継続中
Hiビーズを敷砂として
トラフィカビリティー
確保のため利用
広島県 大竹港 H14~H15
山口県 徳山下松港 H16~H18
国土交通省 元安川 H17~H19