Energia 中国電力

個人情報保護の推進

  当社は,事業活動を通じてお客さま情報など多くの個人情報を保有しています。個人情報保護法などを踏まえ,これらの個人情報を適正に取り扱い,大切に保護していくため,「個人情報保護方針」を策定し,ルール・推進体制を整備するとともに,社員への教育を実施し,適切な管理に取り組んでいます。

ルール・推進体制の整備

  2003年4月に個人情報の管理を含む情報管理全般の基本的事項を定めた「情報管理基本方針」を策定し,適切な情報管理の徹底を図ってきました。2005年4月には,個人情報保護法を受け,「個人情報保護方針」を策定し,更に2016年1月には,「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」を受けて,同方針を改定するとともに,個人情報保護規程類を整備しています。
  また,推進にあたっては,コンプライアンス推進部門長が「個人情報保護総括責任者」として全社の推進活動を統括するとともに,各事業所等においては,事業所等の長が「個人情報保護責任者」として,その補佐を行う「個人情報保護推進者」や業務箇所の長と連携して,事業所等における個人情報保護の推進を図る体制としています。

ページの先頭へ

個人情報保護研修

  毎年,全社員を対象とした個人情報保護研修を実施しており,個人情報保護に関する学習を通して,社員一人ひとりに「お客さまから大切な個人情報をお預かりしている」という意識の浸透を図っています。

ページの先頭へ

点検・内部監査

  個人情報の漏えい・紛失を防止するため,各業務箇所の長が定期的に自職場の管理状況を点検するとともに,考査部門が個人情報保護推進体制の有効性について内部監査を行っています。

ページの先頭へ

プライバシーマークの取得

  お客さまからお預かりした個人情報を大切に保護することは企業の重要な社会的使命であるとの認識のもと,グループ各社においても,個人情報保護に関する法令等の遵守,個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善などに取り組んでおり,4社が「プライバシーマーク」を取得しています。
【プライバシーマーク取得企業】
  • 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
  • 株式会社エネルギア・ビジネスサービス
  • 株式会社アドプレックス
  • 株式会社福利厚生倶楽部中国

※プライバシーマーク制度…一般財団法人日本情報経済社会推進協会が1998年から行っている「個人情報保護に関する事業者認定制度」で,「JIS Q 15001」に基づいた審査を行い,認定された事業者の事業活動について「プライバシーマーク」の使用が認められている。

前のページに戻る