Energia 中国電力

主開閉器契約の概要

低圧で電気の供給を受けるお客さまの契約容量・契約電力は,原則としてお客さまがお使いになる電気機器の容量にもとづき算定いたしますが,お客さまが希望される場合は,お客さまが施設される主開閉器の容量にもとづき契約容量・契約電力を算定することができます。
設置されている複数の電気機器を,同時にご使用にならないお客さまに適しています。
ただし,電気の使い過ぎなどが原因で主開閉器が動作し停電するおそれがありますので,停電による影響が大きいお客さまにはお勧めいたしかねます。

1.対象のお客さま

従量電灯B・臨時電灯C・時間帯別電灯・ファミリータイム〔プランⅠ,Ⅱ〕・低圧高負荷契約・低圧電力・臨時電力(低圧)

2.主開閉器とは

お客さまが幹線に施設される配線用遮断器等使用できる最大電流を明確に判定できる装置で,契約負荷設備を一括して遮断できるものをいいます。

3.契約容量・契約電力の算定方法

  1. 従量電灯B・臨時電灯C・時間帯別電灯・ファミリータイム〔プランⅠ,Ⅱ〕の場合
    契約容量(kVA)=主開閉器の定格電流(A)×電圧(V)×1/1,000

    (注)供給電気方式が単相3線式の場合の電圧は200V

  2. 低圧電力・臨時電力(低圧)の場合
    契約電力(kW)=主開閉器の定格電流(A)×電圧(V)×1.732×1/1,000
  3. 低圧高負荷契約の場合
    契約電力(kW)=電灯・小型機器の基準電力+動力の基準電力

    a.電灯・小型機器の基準電力=上記(1)に準じて算定
    b.動力の基準電力=上記(2)に準じて算定

契約容量算定例

[契約種別]従量電灯B
[供給電気方式]単相3線式
[主開閉器定格電流]60A

契約容量(kVA)
=60(A)×200(V)×1/1,000
=12(kVA)

契約容量算定例

前のページに戻る