このページの本文へ
環境@エネルギー
エコライフをおくるために
エネルギーのはなし
私たちをとりまく環境
中国電力の取り組み
エネルギアグループの取り組み
お知らせ
ご案内

HOME > エネルギーのはなし > 電磁界・電磁波 > 専門機関の見解 > 数値基準に関して
専門機関の見解
数値基準に関して   健康影響評価に関して   世界保健機関(WHO)
国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)   国際がん研究機関(IARC)
米国RAPID計画   経済産業省   環境省
    数値基準に関して

  電磁界の人への健康影響に関して,国際的な機関である世界保健機関(WHO)国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)は,数多くのさまざまな研究を総合評価して,見解やガイドラインを示しています。
  電力設備や家庭電化製品から発生する周波数60Hzについては次のようになっています。
【電界】(日本では,送電線下地上1mで3kV/m以下に規制されています。)
機関名
名称
発行年
数値
説明
WHO
環境保健基準35
1984
10 kV/m
この区域への立ち入りを
制限する必要はない。
ICNIRP
1Hz〜100kHzまでの
電磁界ガイドライン
2010
8.3 kV/m
職業者
4.2 kV/m
一般人

【磁界】

機関名
名称
発行年
数値
説明
WHO 環境保健基準69
1987
5,000マイクロT 有害な生物学的影響は
認められていない。
500マイクロT いかなる生物学的影響も
認められない。
ICNIRP 1Hz〜100kHzまでの
電磁界ガイドライン
2010
1,000マイクロT 職業者
200マイクロT 一般人
※:2010年,ICNIRPガイドライン(1998年)の低周波部分(1〜100kHz)の改訂が行われました。
  私たちの居住環境において,送電線などの電力設備から生じる電界や磁界の大きさは, WHOの見解やICNIRPのガイドラインに比べ十分に低くなっています。
  (数値の比較については,身のまわりの電磁界を参照してください)
環境@エネルギートップ お問い合せ サイトマップ ドリームeランド 中国電力トップ