Energia 中国電力

さまざまな環境問題

 私たちが【豊かで快適な生活】を過ごすためには,自然環境とのかかわりが重要なテーマであるといえます。
 深刻な環境破壊が叫ばれる今日では環境にやさしい生活が求められますが,それを考える前に,現在問題とされている代表的な環境問題について考えてみましょう。

海洋汚染

 いくら海が広いといっても,その浄化能力は無限ではありません。川から流れこんできた汚水やタンカー事故などから流れ出た油で海が汚れたり,ビニールやペットボトルなどのゴミのポイ捨てがもとで,動物がプラスチックを飲み込むなどの被害も出ています。海とその海につながる川が汚れることは地球が汚れることなのです。

気をつければ防げる!

 海や川をきれいにするのは,難しいことではありません。家庭などから出る汚水は,きちんとした処理をすることが大切です。とくに油は固めて可燃物として捨てるよう注意しなければなりません。小さなことでも,みんなが実践することで地球を救うことができるのです。

海洋汚染 イメージ

野生生物種の減少

 現在,多くの野生生物が絶滅の危機にさらされています。人間が毛皮などのために乱獲したり,密漁したりしたことが原因です。また,環境汚染や地球温暖化,砂漠化などで野生生物の住むところがなくなったことも,原因のひとつです。

絶滅しそうな動物は?

 主に,野生生物の減少が進行しているのは,アフリカ・中南米・東南アジアの熱帯地域です。トラ・ジャイアントパンダ・ゴリラ・シロナガスクジラ・カモなどが特に減少しています。日本ではメダカなどが今や絶滅の危機にある生物です。またニホンオオカミ,トキ(平成15年に絶滅)のようにすでに絶滅してしまった動物もたくさんいます。

動物を守るための世界の取り組みは?

 世界には野生の動物を守るための条約がいろいろあります。絶滅の恐れのある野生生物に対しては,「ワシントン条約」,水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に対しては,「ラムサール条約」などがあります。動物たちを守るためには,世界中の人々が条約を守って,資源の使用を最低限に抑え,森林など野生生物の住むところを守り,増やすことが大切です。

熱帯林の減少

 熱帯林が減少する原因には,人口増加による過度な焼畑耕作,必要以上の商業用の木々の伐採などが考えられます。熱帯林には,地球上の生物の半数以上の動植物が生息しています。発達した熱帯林では,雨が降っても土地が削られることはありません。熱帯林には,山崩れや土石流を防ぐなど,河川の水の量を安定させる機能もあります。また,熱帯林は二酸化炭素を吸収するなど,地球温暖化をくい止める役割も果たしています。

世界の森林面積の動向(例)

世界の森林面積の動向(例)イメージ図

熱帯林を守るためには?

 この広い熱帯林が少なくなることで,多くの野生生物の命も危ぶまれています。大切な命をはぐくむ熱帯林を守るために,たとえば木々の伐採を必要とするティッシュのむだづかいをやめたり,紙のリサイクルを心がけたりしましょう。一人ひとりの心がけと積み重ねが地球を守るのです。

開発途上国の公害

 東アジアや中南米などの経済が発展中の開発途上国では,農村地域の人たちが仕事を求めて,都市へと流れています。都市では,この急激な人口増加に,交通や下水道,ゴミ処理など都市整備が追いついていません。都市の工業化が急速に進み,経済発展を優先するあまり,公害に対して適切な防止策が十分取られない場合があるからです。

公害が進む原因(イメージ図)

出典/(財)環境情報普及センター・国立環境研究所の環境情報サイト資料より作成

深刻な公害を防ぐには?

 開発途上国では,大気汚染・水質汚染・廃棄物・騒音・地盤沈下など,深刻な公害が野放しになっています。企業や国民は公害問題について意識を高めることが大切です。

公害 イメージ