Energia 中国電力

停電に関するよくあるご質問

停電時の対処方法などに関するよくあるご質問にお答えしています。

Q. 停電したときは,どこに連絡すればよいですか?

A. 電気が消えたら,まず隣近所を確認し,隣近所も消えているようであれば,中国電力取扱店へご連絡ください。
お客さまの家だけ電気が消えている(家中もしくは一部)ようであれば,まずブレーカー操作を行なってみてください。簡単に電気がつく場合があります。それでも電気がつかない場合は,最寄りの営業所のお問い合わせフリーダイヤルへご連絡ください。

詳細についてはこちら
「停電時の対処法」

質問一覧へ戻る

Q. 落雷などによる停電の対策はどのようにしていますか?
落雷などで停電したときに,パソコンやハードディスクレコーダー等のデータや機器自体が壊れることがあると聞きました。
壊れないようにするためには,どうすればよいですか?

A. 「無停電電源装置(UPS)」の設置をおすすめします。
当社では,落雷に備えて,避雷器の設置などにより停電の発生回避に取り組んでいるところですが,完全に停電を防止できないのが現状です。
こうした中で,パソコンなどのコンピューター機器やハードディスクレコーダー等は,落雷などによる短時間の停電や瞬時の電圧低下によってもデータの消滅や誤動作さらには機器の故障となる場合があります。
こうした事象への対応策としては,お客さまによる「無停電電源装置(UPS)」の設置をおすすめします。
このUPSは,万一停電や電圧低下が発生してもUPS内のバッテリーから機器に連続して電気を送ることのできる装置です。
なお,UPSに関するお問い合わせは,各メーカーまでご連絡ください。

質問一覧へ戻る

Q. 最近,長時間の停電があり,大変迷惑しました。原因はヘビと聞きましたが,対策はしていますか?

A. カバー類の小型化や防巣具を取り付けるなどの対策を行なっています。
配電線は,絶縁電線を使用しており,また,電線の接続箇所等もカバーでおおっているため,充電部(電気が通っていて絶縁されていない部分)は露出していません。しかし,小さな鳥はカバーの隙間から内部へ入り込み,巣作りを行う場合があり,蛇はその巣にいるひなや卵を狙って柱上へと登っていきます。その際に,カバー内に入り込んだ蛇が充電部に触れ,停電事故が発生することがあります。このため,カバー類の小型化や防巣具を取り付けるなど,鳥の巣作りの防止とともに蛇の充電部への接触を防止するための対策を行なっています。

質問一覧へ戻る

ページの先頭へ