Energia 中国電力株式会社 中電病院

代表 Tel(082)241-8221

院長あいさつ

院長 河村 寛

 中国電力株式会社中電病院のホームページをご覧いただき,ありがとうございます。

 本年5月に元号が「平成」から「令和」に変わり,この時代の変わり目を機会に平成を懐かしみ,新たに迎えた令和に大いに奮起している方も多いのではないでしょうか。

 さて,当院においては4月に新芽のような初々しい新入職員等のスタッフを迎えるとともに,リハビリテーション科にスタッフ2名(理学療法士,作業療法士)を増員し,高齢化や認知症による患者層の変化へより柔軟に対応した医療を行い,新たな時代・令和と共に歩んでいけるよう出発しております。

 また,PET・検診センターに2016年1月に中国地方初の「マンモPET(乳房専用PET)」を導入するとともに,2019年8月にはより鮮明な画像を得られる「PET-CT装置」の買い替えも予定しており,より一層,悪性疾患の診断と種々の疾病の早期発見と予防への貢献にも努めてまいります。

  広島県の地域医療構想を見ますと,今後,当地域では急性期病棟の大幅な削減が必要となっておりますが,当院は今後も急性期病院の立ち位置を堅持し,中規模病院ならではのコンパクトな体制と各診療科間の緊密な連携協力の強みを活かし,今までにも増して地域医療に貢献していく所存です。
 他方,中電病院は地域包括ケア病棟を有効に活用して,広島市の地域包括ケアの推進にも積極的に取り組んでおります。急性期治療が終わればすべての治療は終了ではなく,急性期治療後すぐに在宅復帰が困難な場合には,引き続き地域包括ケア病棟で在宅復帰に向けてのリハビリの実施と退院後の生活設計のサポートをさせていただいております。ついては,地域における密なネットワークづくりを図るために,連携医療機関実務者交流会(病院のみならず施設,訪問看護ステーション等の医師,看護師およびケアマネージャー等の実務者の会)も頻回に開催しております。

 当院の特徴は,地域の皆さまが利用しやすい地域密着型の小回りの利く「急性期医療」,自宅復帰・社会復帰への道筋をサポートする「回復期医療(地域包括ケア病棟)」,そして生活習慣病の予防,病気の早期発見・早期治療に貢献する「予防医学(PET・検診センター)」という3本の柱を有しているところです。

 最後になりましたが,当院では患者さまの立場に立って患者さまが求める医療を行うことを基本と考え,患者さまと協働して安全で質の高い医療を提供することを目指しております。当院が今後も「みなさまの健康をお任せいただける病院」であり続けられるよう,職員一同,不撓不屈の精神で精進してまいりますので,これまでにも増してご指導・ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

2019年7月5日