Energia 中国電力株式会社 中電病院

代表 Tel(082)241-8221

病院情報の公表

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

更新履歴

2016/09/29 新規公開


平成27年度 中国電力株式会社中電病院 病院指標

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード [TSV:1KB]

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 108 31 143 369 367 362 677 954 734 189
  • 一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示す。
  • 年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定する。
  • 70歳以上の患者数が,約48%を占めています。

ページの先頭へ

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード [TSV:3KB]

内科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050130
xx99000x
心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 16.01 18.30 9.64% 83.78  
040080
x099x0xx
肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 77 13.22 14.34 2.60% 78.95  
100070
xxxxxxxx
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 58 26.16 15.35 0.00% 66.84  
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。

ページの先頭へ

小児科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
140010
x199x00x
妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 5.23 6.17 8.20% 0.00  
140010
x299x0xx
妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 23 10.65 11.59 4.35% 0.00  
140140
xxxxxxxx
口蓋・口唇先天性疾患 - - 9.88 - -  
【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,平均在院日数(全国)以外の項目に-(ハイフン)を記入】
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。
  • 患者数同数3位に,次の2点あり。
    (1) 140010x197x0xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし
    (2) 140010x199x2xx 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-2あり
  • 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害の主な病名は,「低出生体重児」・「新生児黄疸」等になります。

ページの先頭へ

外科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060035
xx99x50x
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 75 5.79 4.53 0.00% 72.37  
060335
xx0200xx
胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 57 7.39 7.84 1.75% 57.93  
060035
xx99x4xx
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 31 4.55 4.28 0.00% 72.48  
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。
  • 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍は,結腸の悪性腫瘍の治療として化学療法を行った患者数となります。

ページの先頭へ

整形外科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
07040
xxx01xx0x
股関節骨頭壊死,股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 230 56.65 24.95 1.74% 69.98  
160800
xx01xxxx
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 58 47.76 28.70 18.97% 83.48  
180040
xx97x0xx
手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 44 42.27 16.51 6.83% 75.36  
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。
  • 手術後のリハビリのための入院日数を含んでいるため,平均在院日数(全国)より長くなっています。

ページの先頭へ

産婦人科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
120180
xx01xxxx
胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 81 10.78 9.94 0.00% 35.44  
120060
xx01xxxx
子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 42 11.40 10.18 0.00% 44.55  
120070
xx02xxxx
卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 39 7.85 6.50 0.00% 42.69  
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。
  • 胎児及び胎児付属物の異常は,予定帝王切開を行った患者数となります。

ページの先頭へ

眼科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020220
xx97xxx0
緑内障 手術あり 片眼 - - 9.57 - -  
020110
xx99xxxx
白内障,水晶体の疾患 手術なし - - 2.72 - -  
020370
xx99xxxx
視神経の疾患 手術なし - - 11.74 - -  
【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,平均在院日数(全国)以外の項目に-(ハイフン)を記入】
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。
  • 患者数同数3位に,次の2点あり。
    (1) 060335xx0200xx 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
    (2) 020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり

ページの先頭へ

耳鼻咽喉科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030230
xxxxxxxx
扁桃,アデノイドの慢性疾患 12 10.33 8.20 0.00% 19.75  
030428
xxxxxxxx
突発性難聴 - - 9.60 - -  
030350
xxxxxxxx
慢性副鼻腔炎 - - 7.76 - -  
【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,平均在院日数(全国)以外の項目に-(ハイフン)を記入】
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。

ページの先頭へ

皮膚科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
080007
xx97xxxx
皮膚の良性新生物 その他の手術あり - - 6.31 - -  
180060
xx97xxxx
その他の新生物 手術あり - - 6.84 - -  
080011
xx99xxxx
急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -  
【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,平均在院日数(全国)以外の項目に-(ハイフン)を記入】
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。

ページの先頭へ

泌尿器科
DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
110070
xx0200xx
膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 44 6.20 7.59 0.00% 71.89  
11022
xxx03xxxx
男性生殖器疾患 精索静脈瘤手術等 37 2.08 3.56 0.00% 33.70  
110070
xx99x20x
膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 10 8.00 12.36 0.00% 77.60  
  • 各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について,DPC コード・名称・患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を示す。
  • 「転院」については,退院先が「4他の病院・診療所への転院」とし,転院患者数/全退院数を転院率とする。

ページの先頭へ

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード [TSV:1KB]

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - 10 - - 25 1 7
大腸癌 29 12 60   81 65 1 7
乳癌 10 -   - - - 1 7
肺癌 -   - -   - 1 7
肝癌 - - - - - 53 1 7

※1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,該当する項目に-(ハイフン)を記入】
  • 5大癌について初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を,再発患者は(再発部位によらない)は期間内の患者数とする。
  • TNM分類が不正確等で病期(Stage)が不明な場合は,「不明」としてカウントする。
  • Stageが「0」のものは集計対象外とする。

ページの先頭へ

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード [TSV:1KB]

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0      
重症度 1 - - -
重症度 2 12 9.17 88.42
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5      
不明      
【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,該当する項目に-(ハイフン)を記入】
  • 成人の市中肺炎(平成27年度様式1の肺炎重症度分類の7桁目=5 に相当)につき,重症度別に患者数,平均在院日数,平均年齢を示す。
  • 入院契機傷病名および最も医療資源を投入し傷病名に対するICD10コードが J13〜J18$で始まるものに限定する。
  • 重症度分類は,A-DROPスコアを用いる。重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類する。

ページの先頭へ

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード [TSV:1KB]

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 10 11.60 78.30 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -        
I63$ 脳梗塞 - 14 31.07 76.71 21.43%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -        
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -        
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -        
I679 脳血管疾患,詳細不明 -        
  • 脳梗塞の病型別の患者数,平均在院日数,平均年齢,転院率を示す。
  • 最も医療資源を投入した傷病のICD10(G45$,G46$,I63$,I65$,I66$,I675,I679)別に集計する。

ページの先頭へ

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード [TSV:3KB]

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 146 0.76 1.63 0.00% 63.98  
K6153 血管塞栓術(頭部,胸腔,腹腔内血管等)(その他) 32 3.53 17.13 0.00% 73.38  
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 29 0.10 1.03 0.00% 62.38  
  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。

ページの先頭へ

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -  
               
               

【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,患者数以下の項目に-(ハイフン)を記入】

  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。

ページの先頭へ

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 62 1.47 5.06 1.61% 58.21  
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 45 0.91 4.96 0.00% 69.93  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 21 2.62 14.95 0.00% 65.81  
  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。

ページの先頭へ

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術 肩,股,膝 236 1.92 54.83 2.12% 70.13  
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿 37 4.24 40.14 18.92% 83.27  
K0811 人工骨頭挿入術 肩,股 28 5.64 40.96 14.29% 82.79  
  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。

ページの先頭へ

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 84 7.44 8.13 0.00% 35.68  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 57 1.23 5.96 0.00% 41.53  
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 35 7.80 8.37 0.00% 32.94  
  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。

ページの先頭へ

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 370 1.00 2.02 0.00% 74.54  
K2682 緑内障手術 流出路再建術 - - - - -  
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -  

【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,患者数以下の項目に-(ハイフン)を記入】

  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。

ページの先頭へ

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 13 1.00 9.62 0.00% 26.62  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -  
K370 アデノイド切除術 - - - - -  

【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,患者数以下の項目に-(ハイフン)を記入】

  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。
  • 患者数同数3位に,次の2点あり。
    (1) K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術)
    (2) K368 扁桃周囲膿瘍切開術

ページの先頭へ

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕,大腿,下腿,躯幹 - - - - -  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 - - - - -  
K291 耳介腫瘍摘出術 - - - - -  

【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,患者数以下の項目に-(ハイフン)を記入】

  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。
  • 患者数同数3位に,次の3点あり。
    (1) K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満
    (2) K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満
    (3) K013-21 全層植皮術(25cm2未満)

ページの先頭へ

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 44 1.18 4.02 0.00% 71.89  
K834-2 腹腔鏡下内精巣静脈結紮術 37 0.05 1.03 0.00% 33.70  
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの - - - - -  

【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,患者数以下の項目に-(ハイフン)を記入】

  • 同一手術において複数の手術手技を行った場合,主たるもののみカウントする。
  • 診療科別に手術件数の多い順に3術式について,患者数,術前日数,術後日数,転院率,平均年齢及び患者用パス(任意)を示す。
  • 輸血関連(K920$)は除外。
  • 創傷処理,皮膚切開術,非観血的整復術,徒手整復術,軽微な手術(下表を参照),およびすべての加算は除外。
  • 患者数同数3位に,次の1点あり。
    (1) K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)

ページの先頭へ

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード [TSV:1KB]

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.31%
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 26 0.66%
180040 手術・処置等の合併症 同一 65 1.65%
異なる - -
【患者数が10未満の数値の場合は,集計方法の定めにより,該当する項目に-(ハイフン)を記入】
  • 様式1の病棟に関するフラグにおいて,「調査対象となる一般病棟への入院の有無」が「1」,かつ「調査対象となる精神病棟への入院の有無」が「0」,かつ「調査対象となるその他の病棟への入院の有無」が「0」のレコードを1症例としてカウント。
  • 入院契機病名(DPC6桁レベル)の同一性の有無を区別して症例数をカウントする。同一性の有無とは,上記4つの各医療資源最傷病の症例(DPC6桁レベル)について,様式1の入院契機傷病名に対するICD10コードが、下記表の医療資源最傷病名に対応するICD10コードに該当している場合は「同一」とする。同一性の有無を区別した各症例数(個々の様式1ベース)の、全退院患者数に対する発生率を示す。

ページの先頭へ