Energia 中国電力株式会社 中電病院

代表 Tel(082)241-8221

お母さんと赤ちゃんの一日

お母さんと赤ちゃんの一日

 当院は完全母子同室を行っており、基本的には、出産翌日から(帝王切開の場合は出産の翌々日から)24時間赤ちゃんと一緒に過ごしていただきます

 母乳はプロラクチンという母乳を作るためのホルモンによって作られており、プロラクチンは赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことで脳が刺激され分泌が増えていきます。

 そのため、産後早い段階から赤ちゃんが欲しがる度に頻回に授乳をすることが母乳分泌を増やすために最も大切なことになります。

 赤ちゃんは生後しばらくの間、日中は眠り、夜間に頻回に覚醒します。プロラクチンも日中より夜間のほうが分泌が多くなるため、夜間に赤ちゃんが泣くたびにすぐ授乳ができる完全母子同室は母乳育児を成功させるために理想的な環境となります。

 また、入院中から赤ちゃんとの生活に慣れておけば、退院後の生活に必ず役に立ちます。気になることがあればスタッフにご相談ください。

 ただし、休んでリフレッシュすることも大切です。ご希望や体調により赤ちゃんを新生児室でお預かりさせていただくこともできるので、いつでもおっしゃってください。

  お母さん 赤ちゃん
8時 食事 医師の診察
9時 検温 生後1日目(生まれた日の翌日)と4日目にはケイツーシロップを飲みます。
10時 乳房ケア,授乳介助 検査
●生後3日目:黄疸の検査
●生後5日目:黄疸・先天代謝異常の検査
11時 赤ちゃんがほしがったら授乳
(自律授乳・最低3時間毎には吸わせましょう)
授乳
12時 食事  
13時   聴力検査
(出生後2日目以降,希望者を対象に行います)
18時 食事