Energia 中国電力

歴史的電力遺産 近代の産業遺産を未来に…

登録有形文化財(建造物)
上斉原発電所

  • 上斉原発電所の歴史
  • 上斉原発電所のみどころ
上斉原発電所の外観など

自然の恩恵を受けながら歴史を刻む発電所

 鳥取県との県境にある恩原高原。夏はキャンプ,冬はスキーなど年間を通じて楽しめるレジャースポットです。その近くに,昭和5(1930)年7月に運転を開始した上斉原発電所(出力:2,700kW)があります。
吉井川水系の上流部には,昭和初期に相次いで建設された,平作原発電所,上斉原発電所,奥津発電所が並びます。上斉原発電所では,上流の平作原発電所が放水した水を利用して発電。さらに,上斉原発電所から放水された水は下流の奥津発電所に送られるなど,中国山地の水資源を有効に活用しています。

所在地

地図

所在地:岡山県苫田郡鏡野町上斎原字樽原1163-2

  • ○中国自動車道院庄ICから車で約60分
  • ○JR姫新線院庄駅から車で約65分

※外観はいつでもご覧いただけます。

  • マップから探す
  • リストから探す

歴史的電力遺産

  • お近くの中国電力はこちら
  • 中国電力の取り組み