Energia 中国電力

歴史的電力遺産 近代の産業遺産を未来に…

奥津第二発電所

  • 奥津第二発電所の歴史
  • 奥津第二発電所のみどころ
奥津第二発電所の外観など

国内で最も深い半地下式の水力発電所

 国道179号線を吉井川に沿って上流に向かい苫田ダムを通り過ぎると,山の中腹に見えてくるのが,平成14(2002)年に運転を開始した奥津第二発電所(出力:15,200kW)。外観からは分かりませんが,地面を深く掘り下げて水車と発電機を設置する半地下式の発電所です。半地下式としては国内最深の水力発電所で,深さが地上から75.9mあります。
吉井川水系にある発電所の中で最大の出力を誇る奥津第二発電所は,その他の発電所とともに自然の恩恵を受けながら電気の安定供給に貢献しています。

所在地

地図

所在地:岡山県苫田郡鏡野町大字河内字高畑

  • ○中国自動車道院庄ICから車で約40分
  • ○JR姫新線院庄駅から車で約45分

※外観はいつでもご覧いただけます。

  • マップから探す
  • リストから探す

歴史的電力遺産

  • お近くの中国電力はこちら
  • 中国電力の取り組み