Energia 中国電力

歴史的電力遺産 近代の産業遺産を未来に…

柴木川第一発電所

  • 柴木川第一発電所の歴史
  • 柴木川第一発電所のみどころ
柴木川第一発電所の外観など

日本一のペルトン水車がある水力発電所

 中国地方の大河川の一つ太田川,その支流の柴木川沿いに建つ柴木川第一発電所(出力:24,000kW)。近くには国の特別名勝に指定されている三段峡や広島県最高峰の恐羅漢などの観光地があります。
昭和20年代後半の電力需要の増大に伴い,水資源を有効に活用するために柴木川第一発電所は建設され,昭和32年(1957)年に運転を開始しました。ここでは,ペルトン水車を回転させて発電しており,横軸2輪のペルトン水車としては日本一の出力(最大出力24,000kW)です。
柴木川第一発電所は,地域の皆さまのご理解とご協力により現在も電気の安定供給に貢献しています。

所在地

地図

所在地:広島県山県郡安芸太田町柴木

  • ○中国自動車道戸河内ICから車で約20分

※外観はいつでもご覧いただけます。

  • マップから探す
  • リストから探す

歴史的電力遺産

  • お近くの中国電力はこちら
  • 中国電力の取り組み