Energia 中国電力

電気器具,プラグなどの取り扱い[屋内でのご注意]

01. いた んだプラグやコンセントは使わないようにしましょう。

感電 ( かんでん ) やショートの, 原因 ( げんいん ) になるので,傷んだプラグやコンセントは取り替えましょう。またタンスや 冷蔵庫 ( れいぞうこ ) などをプラグに押し付けないようにしましょう。

01.傷(いた)んだプラグやコンセントは使わないようにしましょう。

02.ときどきプラグを 掃除 ( そうじ ) しましょう。

長期間 ( ちょうきかん ) プラグを差し込んだままにしておくと,プラグとコンセントの ( あいだ ) にほこりがたまり, 湿気 ( しっけ ) をおびるとプラグが 突然 ( とつぜん ) 発火 ( はっか ) することがあります。これをトラッキング 現象 げんしょう といいます。 火災 ( かさい ) 原因 ( げんいん ) になることがあるので,プラグはときどき ( かわ ) いた布などで 掃除 ( そうじ ) をしましょう。

02.ときどきプラグを掃除(そうじ)しましょう

03.プラグはコンセントにしっかりと差し込みましょう。

プラグがゆるんでいると, 加熱 ( かねつ ) するおそれがあり 危険 ( きけん ) です。プラグはしっかりと差し込みましょう。

03.プラグはコンセントにしっかりと差し込みましょう。

04.アース線を取り付けましょう。

洗濯機 ( せんたくき ) 衣類 ( いるい ) 乾燥機 ( かんそうき ) ,エアコン, 電子 ( でんし ) レンジ, 冷蔵庫 ( れいぞうこ ) などにはぜひアース線を取り付けましょう。アース線は 漏電 ( ろうでん ) した電気を 大気 ( たいき ) に逃がし, 感電 ( かんでん ) などの 危険 ( きけん ) を防ぎます。

04.アース線を取り付けましょう。

05. ( ねつ ) 発生 ( はっせい ) する 電気 ( でんき ) 器具 ( きぐ ) は,使ったあと,必ずプラグを抜きましょう。

アイロンやドライヤーなどはスイッチは切り忘れると 火災 ( かさい ) 原因 ( げんいん ) になるおそれがあるので,使ったあと必ずプラグを抜く 習慣 ( しゅうかん ) をつけましょう。

05.熱(ねつ)を発生(はっせい)する電気(でんき)器具(きぐ)は,使ったあと,必ずプラグを抜きましょう。

06.ぬれた手でプラグをさわると 危険 ( きけん ) です。

ぬれた手でプラグやスイッチをさわると 感電 ( かんでん ) するおそれがあります。よく手をふいてからあつかいましょう。

06.ぬれた手でプラグをさわると危険(きけん)です。

07.コードをひっぱらないで!

コードが ( いた ) んで 断線 ( だんせん ) 過熱 ( かねつ ) 原因 ( げんいん ) になるので,必ずプラグを持って抜きましょう

07.コードをひっぱらないで!

08.コードは正しく安全に使いましょう。

くぎやステープルでとめると,コードが ( いた ) んで 断線 ( だんせん ) 過熱 ( かねつ ) 原因 ( げんいん ) になります。また,コードを ( たば ) ねると 過熱 ( かねつ ) するおそれがあるのでやめましょう。

08.コードは正しく安全に使いましょう。

09.タコ足配線に気をつけましょう。

テーブルタップの 容量 ( ようりょう ) を超えて,一度にたくさんの 電気 ( でんき ) 器具 ( きぐ ) を使うと 過熱 ( かねつ ) して 危険 ( きけん ) です。 器具 ( きぐ ) が増えたらコンセントも増やしましょう。

09.タコ足配線に気をつけましょう。

10.コードが 家具 ( かぐ ) などの 下敷 ( したじ ) きになっていませんか?

コードが ( いた ) んで 過熱 ( かねつ ) し, 火災 ( かさい ) などの 原因 ( げんいん ) となる場合があるので,気をつけましょう。

10.コードが家具(かぐ)などの下敷(したじ)きになっていませんか?

電気安全全国連絡委員会(社団法人日本電気協会)発行パンフレット「電気を上手に安全に使ってるカニ?」より引用