中国電力

プレスリリース

報道資料

平成28年12月19日
中国電力株式会社
JFEスチール株式会社

「(仮称)蘇我火力発電所 建設計画 計画段階環境配慮書」の
送付および縦覧について

  中国電力株式会社(代表取締役社長執行役員:清水 希茂、以下「中国電力」)とJFEスチール株式会社(代表取締役社長:柿木 厚司、以下「JFEスチール」)は、本日、環境影響評価法に基づき「(仮称)蘇我火力発電所 建設計画 計画段階環境配慮書(以下、「配慮書」)」 ※ を経済産業大臣、千葉県知事、千葉市長および市原市長へ送付しましたので、お知らせします。
  配慮書は、明日(12月20日)から、関係自治体の庁舎ならびに中国電力のホームページにて縦覧を開始します。
  配慮書について、環境保全の見地からのご意見は、縦覧場所備付けの意見箱または郵送にて承ることとしています。

  配慮書の送付および縦覧は、中国電力およびJFEスチールが共同で千葉県千葉市において計画している石炭火力発電所開発に関する検討(平成28年11月7日お知らせ済み)の一環として実施するものです。

  今後、両社は、中国電力を主体とした特別目的会社(以下「SPC」)を設立することとしていますが、SPC設立までの間は、中国電力が中心となって環境影響評価手続きを進めてまいります。

※ 環境影響評価法に基づき、本計画に係る環境の保全のために配慮すべき事項について検討を行った結果を取りまとめたもの。

以上

  • あなたに知ってほしい話があります。
ページの先頭へ