Energia 中国電力

再生可能エネルギーの接続可能量の確定について

EnerGia 報道資料

中国電力株式会社

再生可能エネルギーの接続可能量の確定について

当社は,国の新エネルギー小委員会系統ワーキンググループに,当社における再生可能エネルギーの接続可能量の試算結果を報告しました。(平成26年12月16日お知らせ済み)
同ワーキンググループで検証が行われ,本日の新エネルギー小委員会において,現行制度における接続可能量が報告のとおり確定しましたので,お知らせします。
なお,当社における太陽光発電の接続申込済・接続済の合計容量は,現行制度における接続可能量558万kWに達していないことから,引き続き接続契約の受付を継続してまいります。
また,本日,経済産業省資源エネルギー庁から,出力制御の対象拡大や30日ルールの時間制への移行などの拡大方策が示されたことから,これを踏まえ,接続可能量の拡大に向けた検討を行ってまいります。

<確定した太陽光発電の接続可能量>
【ベースケース(現行制度)】
現行制度接続可能量(万kW)出力抑制の前提条件
500kW以上500kW未満
558 30日 なし

(参考:オプションケースの太陽光発電の接続可能量)
【制度変更等によるオプションケース】 ・・・網掛け(黄色)部分が現行制度からの変更箇所
拡大方策接続可能量(万kW)
(ベースケースとの差)
出力抑制の前提条件 ※1
500kW以上500kW未満



500kW未満も対象 576 (+18) 30日 30日
日単位から時間単位に変更 622 (+64) 太陽光360時間
(30日×12h)
風力720時間
(30日×24h)
なし
対象日数を60日に変更 582 (+24) 60日 なし
蓄電池活用 ※2 829 (+271) 抑制なし
連系線活用 ※3 579 (+21) 30日 なし

※1・・・本年12月末時点で接続未承諾の設備が対象。ただし,あくまで試算にあたっての前提条件であり,来年1月から実際に適用するというものではない。

※2・・・事業者側に太陽光1kWあたり5kWhを設置した場合。蓄電池総容量は2,135万kWh。

※3・・・連系線により,他地域へ一定量(20万kW)を送電した場合。

以上