Energia 中国電力

「山口県を中心とした産業発展の歴史」の刊行について

報道資料

公益社団法人中国地方総合研究センター
中国電力株式会社

「山口県を中心とした産業発展の歴史」の刊行について

公益社団法人中国地方総合研究センター(広島市中区,会長:熊野義夫)と中国電力株式会社エネルギア総合研究所(広島市中区,所長:平野正樹)は,本日,「山口県を中心とした産業発展の歴史」を以下のとおり刊行しましたのでお知らせします。
本書は,中国電力株式会社エネルギア総合研究所が,明治期以降を中心とした中国地域各県における産業発展の歴史について調査を行い,その成果を取りまとめたものです。
今回刊行する「山口県版」は,広島県版(平成22年12月15日刊行),岡山県版(平成24年3月29日刊行),島根県版(平成25年3月27日刊行)に続く第四弾となります。
今後は,鳥取県の調査成果の刊行を予定しています。

1.書名

「山口県を中心とした産業発展の歴史」

2.編集

中国電力株式会社エネルギア総合研究所

3.発行

公益社団法人中国地方総合研究センター

4.内容

時代区分を明治時代~大正時代,大正末期~昭和初期(第二次大戦前),昭和時代(戦後復興~高度成長期),昭和後期・平成時代(低成長時代)の4区分として,製造業のほか金融,情報・通信,運輸・エネルギー等の多様な産業を対象に,山口県を中心とした産業発展の歴史を詳述。

(各時代の主な項目)
○明治時代~大正時代
県内各地にみられる近代産業(小野田のセメント 等)
県内各地での工業化の進展(宇部における石炭業と周辺産業の発展 等)
○大正末期~昭和初期(第二次世界大戦前)
大規模工場の立地と製造業の発展(化学繊維,ソーダ工業 等)
戦時体制の強化と軍需化(戦時体制下での工場立地 等)
○昭和時代(戦後復興~高度成長期)
旧軍需施設の民需転換と工場立地状況(光海軍工廠(こうしょう) 等)
高度経済成長期の産業発展(石油化学コンビナートの形成 等)
○昭和後期・平成時代(低成長時代)
1980年代以降の経済・産業(自動車産業の進出 等)
5.その他
  • 販売
    ご購入を希望される方には,1,700円(税抜き,送料無料,振込手数料別)にて頒布。
  • ご購入等のお問合わせは,(公社)中国地方総合研究センター(TEL:082-245-7900,メール:crrc@crrc.or.jp)までお願いします。

以上