Energia 中国電力

特集3 海外への展開

豪州ボガブライ石炭鉱山の一部権益を取得

2014年12月,当社は出光興産株式会社との間で,同社豪州現地法人が保有するボガブライ石炭鉱山の10%の権益を取得するとともに,同石炭鉱山からの石炭長期購入契約を締結しました。

権益の一部取得に伴い,権益の保有および同石炭鉱山の操業・運営を行う合弁事業に参画するため,オーストラリアに当社100%出資の現地法人 中国電力・オーストラリア・リソーシズ社を設立しました。

海外での作業イメージ
燃料の安定調達に寄与

ボガブライ石炭鉱山は,高発熱量で低硫黄,低灰分の高品位炭を年間約700万トン生産する鉱山です。

石炭の上流権益の取得は,当社の重要なベース電源である石炭火力発電用燃料の長期安定確保に寄与するものです。中国電力は,今後も電力の安定供給に向け,燃料の安定調達に努めるとともに,経済性のある燃料の確保に取り組んでいきます。

マレーシアの石炭火力発電事業に出資参画

海外での作業イメージ
三井物産様と調印する苅田社長(当時 写真右)

プラント完成予想図。埋め立ての様子(サイトの広さは約50ha,東京ディズニーランドと同じ大きさ)。 当社はマレーシアにおいて,三井物産株式会社との協業のもと,発電容量200万kW(100万kW×2基)の石炭火力発電所を新規に建設・運営し,長期間安定的に電力供給する事業に2016年3月に出資参画しました。2019年の営業運転開始に向け建設工事も順調に進捗しています。この事業においては,三隅発電所を始めとする発電所の建設管理や運営で培ってきた実績,経験および環境技術を最大限に活用することで,マレーシアにおける電力の安定供給ならびに低炭素社会の実現に貢献したいと考えています。

[写真上] 発電所完成予想図
[写真下] 発電所建設工事状況(2017年12月現在)
(サイトの広さは約50ha,東京ディズニーランドと同じ大きさ)

期待の成長事業「海外事業」

小売全面自由化を契機に競争が本格化していく中,海外事業は,当社グループが将来にわたって成長し発展していくための成長事業の一つと位置付けており,引き続き新たな海外投資案件の発掘・具体化を通じ,これまで培ってきた電気事業の知見を活用した収益力強化に取り組んでまいります。

海外発電市場の情報収集のための海外拠点を新設

シンガポール駐在員事務所が入るビル 海外事業の展開先は世界全体を視野に入れていますが,将来の電力需要の約半分がアジアに集中する予測を踏まえ,今後の展開の第一歩となる海外拠点として,2016年7月,シンガポールに社員が駐在する当社初の駐在員事務所を設置しました。
同事務所においては,アジア諸国を中心に海外の発電市場の情報収集等を行っていきます。

[写真] 事務所のあるインターナショナルプラザ

マイページログイン

マイページログイン

新規エントリー

新規エントリー

採用コンセプト

採用コンセプトへ

採用情報

採用情報

電気を安定供給する仕事

電気を安定供給する仕事へ

あなたの頼もしい仲間

あなたの頼もしい仲間
企業概要

わたしたちはこれからもエネルギーと向き合っていきます。

わたしたちはこれからもエネルギーと向き合っていきます。

この街の未来を、愛する人がいる。

この街の未来を、愛する人がいる。

隠岐ハイブリッド大作戦はじまる!

隠岐ハイブリッド大作戦はじまる!

中国電力 Facebookページ

中国電力 Facebookページ