Energia 中国電力

特集4 中国電力で働く理系女性社員の座談会

女性社員イメージ
男女の性差を意識することなく働けて、
積極的に意見を言い合える環境があります。

中国電力ではさまざまな分野で理系出身の女性社員が活躍しています。
技術系の職場で働く女性社員4人に、それぞれの仕事にかける思いややりがい、中国電力で働く魅力などを語ってもらいました。

中国電力に入社した理由は?仕事の内容も教えてください。

  • 疋田

    私は大学院でレーザー核融合に関するシミュレーションの研究をしていました。それとは直接的には関係しませんが、電力エネルギーがどのように作られるのかに興味を覚え、電力会社を受験しました。入社後は5年間、変電設備の現場で勤務した後、本社の知財を扱う部署で特許の申請などに携わり、計2年半の産休・育休を経て、最近職場復帰しました。中国電力は、電力会社の中では特に、知財活動に力を入れています。これからは,いかに戦略的に知的財産を権利化し、活用していくかを考える、知財の中でも新しい仕事に取り組みます。

  • 岩崎

    私は、東日本大震災の直後の2011年に入社しました。機械系の出身ですが、メーカーではなく機械を運用する側で仕事がしたかったのと、新規プラント建設に関わりたいという思いもありました。それが、大震災で状況が一変しました。
    入社後は発電所の維持・保修に携わり、1年前から本社で島根原子力発電所2号機の再稼働へ向けた業務と、アメリカにある電力研究所に派遣された先輩社員のサポートをしています。入社前に思い描いていた仕事とのギャップはありますが、新規制基準に対応しながら再稼動の準備をしていくのは新たなプラントの建設と変わらない部分もあり、忙しい中でも充実した毎日を送っています。

  • 寺岡

    私は就職活動の時期が東日本大震災の年でした。それまで当たり前だった電気のある生活が当たり前ではなくなり、また、発展途上国を旅行して、電気のない生活の不便さを目の当たりにしたことから、人の役に立ちたいな、電力会社で頑張ってみようかなと思ったのです。大学院では制御・通信等の弱電分野を専攻しており、専門分野とは程遠い世界に入る不安はありましたが、電力の世界もちょうどルールが変わる転換期であり、新しいチャレンジができるかなと思いました。
    入社後は,約4年間変電設備の現場で電気の知識や安全意識を徹底的に学びました。

  • 佐藤

    私は環境問題に興味があり、大学院ではリチウムイオン電池の電解質材料の研究をしていました。環境問題と密接な関わりをもつ企業であり、メーカーより上流部分のエネルギーに関わる電力会社で働きたいと思ったのが、入社の理由です。もともと島根県松江市の出身で、近くには原子力発電所があり、学校では中国電力社員による出前授業もあり、中国電力は小さい頃から身近な会社でした。入社後は島根原子力発電所でプラントの運転業務や発電所で使われる水の管理をしていました。

座談会の様子1

職場の雰囲気や働きやすさはどうですか。

  • 疋田

    働く女性にやさしい企業ですね。今、4歳と1歳の子どもがいますが、私だけではなく、同じ社内にいる夫も育休を取りました。現在は短時間勤務制度を利用していますが、上司をはじめ周囲の理解と協力があり、帰る時間になったら周りから声をかけてくれますし,急な休みでも仕事に支障が出ないよう職場内の情報共有化も進んでいると思います。私が休めない時は夫が休みを取ることもありますよ。もともと私の所属する部署はフレックスタイムなので、子どもが保育所に入ったら短時間勤務ではなく、時間を早めた働き方をしたいと考えています。

  • 寺岡

    男女の性差は全くなく、職場で女性を意識することはありません。ただ,女性ならではの目線で気付くこともあるかもしれないため,積極的に発言するよう心がけています。誰もが遠慮なく意見を言い合える環境です。

座談会の様子2

どんなところでやりがいを感じますか。

  • 寺岡

    現場では、先輩からの指導やOJTを通じていろいろな事を学び、2〜3年目で担当工事を任されることも多いです。変電設備の機械は20〜30年で新しく取り替えるのですが、たまたま自分が生まれた年に造られた機械に遭遇すると感慨深いですね。自分で仕様を考えて、設計、メーカーへの発注、据付まで全部指揮しますが、新しい機械が運用開始する時は責任感で背筋がピンと伸びます。その設備がこれから20年以上頑張ってくれると思うと、愛着がわき、達成感を感じます。
    今は中国5県の電力の系統運用に関わる部署に異動して、会社の軸になる部分に関わっていけるかなと期待しています。

  • 岩崎

    他社との打ち合わせや会議に出ることも多く、そこでは自分の発言が中国電力の意見になるわけです。大きな責任を感じる一方で、役割を果たせたかなと思うとやりがいも感じます。

  • 疋田

    私の場合、子どもが生まれてからの方が仕事に対する責任感が増した気がします。限られた時間の中で、仕事とも、子どもとも、工夫しながら全力で関わっています。職場で課題を見つけ、解決していく中で自分の存在意義を確認する。その積み重ねがやりがいになっています。

  • 佐藤

    当社は、IGCC技術(石炭ガス化複合発電技術)を用いた,CO2をなるべく排出しない火力発電所の建設など、積極的に環境に対して負荷を軽減する努力をしている会社です。その一端に関われることに満足しています。仕事は何事も自分が成長するための勉強だと思っていますから、苦労と感じたことはありません。

座談会の様子3

中国電力の魅力は何ですか。

  • 寺岡

    メーカーのように物を作るのとは違うけれど、良質で低廉な電気を安定的に送るという1つの目的に対して、より効率的に、より環境にやさしく、ちょっとずつでも良くしていこうという思いを社員全員が共有しているところです。

  • 岩崎

    男女、学歴の垣根もなく、同期として一緒に勉強して、同じように仕事をして、意見を言い合える。そういうところもいいなと思います。

  • 佐藤

    これからは当社も中国地方や国内に限定せず、海外にどんどん幅を広げていくと思いますから、海外志向の人も活躍できるチャンスがあると思いますよ。

  • 疋田

    そうですね。知財の仕事でも海外での特許活用を考えるなど、世界を視野に入れた取り組みは確実に増えています。ぜひチャレンジしてください。

座談会の様子4

学生の皆さんへのメッセージ

  • 疋田

    いくら好きなことでも長く続けられなかったらもったいないので、いろんな話を聞いて、しっかり企業研究して、長く活躍できる会社を見つけてください。

  • 岩崎

    その点、実際にそこで働いている人の生の話は参考になります。自分のやりたいことを見据えて、人といっぱい会うといいですよ。

  • 寺岡

    自由な時間がある学生のうちに旅行なり、趣味なり、たくさんの経験を積んでおいて、大学での専門分野に絞らず、広い目線でいろんな業界を見てください。

  • 佐藤

    自分が何を大切にしているか。私は環境問題にこだわりましたが、ブレないように軸を持ち、広く会社を見て、それで興味を持てたらぜひチャレンジしてください。

座談会の様子5

マイページログイン

マイページログイン

採用コンセプト

採用コンセプトへ

採用情報

採用情報

電気を安定供給する仕事

電気を安定供給する仕事へ

あなたの頼もしい仲間

あなたの頼もしい仲間
企業概要

わたしたちはこれからもエネルギーと向き合っていきます。

わたしたちはこれからもエネルギーと向き合っていきます。

この街の未来を、愛する人がいる。

この街の未来を、愛する人がいる。

隠岐ハイブリッド大作戦はじまる!

隠岐ハイブリッド大作戦はじまる!

中国電力 Facebookページ

中国電力 Facebookページ