Energia 中国電力

あなたの頼もしい仲間

中村 諭史

中村 諭史
中村 諭史
管財部門(耐震建築)
2010年入社 都市共生デザイン専攻修了

仕事のやりがい・魅力について

管財部門耐震建築担当では,原子力発電所の建物・構築物の耐震設計や耐震安全性評価を行っています。この仕事では耐震設計に関する最新の知見・技術に触れることができます。向上心を持って取り組めば,新たな知識をどんどん習得することができ,日々の業務の中でそれを発揮できる場面が数多くあるため,自分の成長を実感できる点にやりがいを感じます。また,建築系技術者として,原子力発電所を安全に運転するために重要な役割を担っているという自覚と誇りを持って働くことができるという大きな魅力があります。

  • 仕事風景
  • 仕事風景

私の挑戦

現在の課題は「原子力発電所の安全確保を前提とした再稼働への取り組み」です。これは当社の大きな課題の一つですが,建築系技術者としての私個人の目標でもあります。私は現在,原子力発電所建物・構築物の耐震性評価や,耐震裕度向上対策の設計等の業務を行っています。これらの業務では,すでに確立している手法で進めることも必要ですが,新しい視点で考え,問題点を見出し,それに対処することが重要になってきます。新たな知見・技術に関する情報収集と活用を常に心がけ,チャレンジ精神を持って取り組むことが,原子力発電所の安全性向上,さらには地域の皆さまに安心していただける原子力発電所へとつながると考えています。

印象に残った仕事は?

最も印象に残った仕事は,島根原子力発電所1・2号機の耐震安全性評価業務です。耐震安全性評価とは,既存の原子力発電所について,国が定めた耐震設計審査指針に照らした耐震安全性を評価する業務で,原子力発電所の安全性確保に繋がる大変重要な業務です。私はこの中で,評価結果のチェックや最終報告書案の作成等を行いました。当時私は,原子力に関わる業務を担当して日が浅く,原子力発電所に関する用語や構造力学の専門知識等,分からないことが多々ありましたが,資料を参照して勉強したり,上司や先輩から指導を受けたりしながら何とか進めることができました。この業務を通じて,「原子力発電所の安全性を確保する」という共通の目標に向かって,多くの人の知識・技術を集結させていることを改めて感じることができました。

関連ページ

マイページログイン

マイページログイン

採用コンセプト

採用コンセプトへ

採用情報

採用情報

電気を安定供給する仕事

電気を安定供給する仕事へ

あなたの頼もしい仲間

あなたの頼もしい仲間
企業概要

わたしたちはこれからもエネルギーと向き合っていきます。

わたしたちはこれからもエネルギーと向き合っていきます。

この街の未来を、愛する人がいる。

この街の未来を、愛する人がいる。

隠岐ハイブリッド大作戦はじまる!

隠岐ハイブリッド大作戦はじまる!