Energia 中国電力

「電源接続案件募集プロセス」について

概  要

  「電源接続案件募集プロセス」(以下,「募集プロセス」という。)は,平成27年4月に設立された電力広域的運営推進機関(以下,「広域機関」という。)により,新たに規定(広域機関の業務規程第44条の3以下に規定)されたルールです。
  発電設備等を電力系統に連系するにあたり,必要となる電力系統の増強に係る工事費用については,通常,契約申込みをいただいた事業者さまにご負担いただいていますが,特別高圧系統の増強が必要となれば,工事費負担金が高額となる場合があります。募集プロセスは,このような場合に近隣の電源接続案件(系統連系希望者)を募り,複数の系統連系希望者により工事費負担金を共同負担いただく手続きのことで,事業者さまの希望等により開始されます。
  具体的には,当社の実施した接続検討の回答において,系統連系工事の規模が,以下の要件を満たす場合に,募集プロセスを開始することができます。

【募集プロセス開始の要件】
  • 工事費負担金対象となる系統連系工事に特別高圧(電圧が7,000Vを超えるもの)の送電系統(特別高圧と高圧を連系する変圧器を含む)の増強工事が含まれていること。
  • 接続検討回答における工事費負担金を,接続検討の前提とした最大受電電力(既設の発電設備等の最大受電電力を増加させる場合は,最大受電電力の増加量)で除した額が,広域機関の定める額(2万円/kW)を超えること。

  募集プロセス開始以降の流れ(イメージ)は,下図のとおりとなります。(詳細については,募集要領,および募集プロセス説明会においてお知らせします。)
  なお,募集プロセスの開始日から原則として1年以内に,系統増強を行うための工事費負担金を共同負担する発電設備等の系統連系希望者および工事費負担金の額を決定し,募集プロセスを完了します。

【募集プロセス開始以降の流れ(イメージ)】

当社における募集プロセスの状況

当社における募集プロセスの状況は,以下のとおりです。

    状況 主な対象エリア
(1) 岡山県北東部エリア プロセス完了 津山市,久米郡美咲町,同久米南町,勝田郡勝央町,同奈義町,赤磐市,美作市,苫田郡鏡野町,和気郡和気町,岡山市北区の一部