ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS2.0 2.0

TOP > 監督ショートメッセージ
監督ショートメッセージ

油谷繁監督 ショートメッセージ
2017年2月1日
  2017年2月1日より,中国電力 陸上競技部監督に就任しました油谷です。
創部時代から中国電力 陸上競技部を築き上げてきた坂口前監督の後を引き継ぐことになり,大変責任を感じています。
続きを読む>>

「ニューイヤー駅伝 2017 in ぐんま」に向けて
2016年12月16日
  当社陸上競技部として25大会目(連続出場)の「ニューイヤー駅伝」が迫ってきました。
  必勝を期して挑んだ「中国実業団駅伝」では,マツダチームに完敗。タスキ(心)がつながらない駅伝でした。
続きを読む>>

2016年シーズンの目標
2016年4月8日
  今シーズン,強力な新人が加入しました。ポール・カマイシ選手(広島県立世羅高等学校出身)です。駅伝での活躍はもちろんのこと,世界トップクラスに成長するポテンシャルを感じます。もう一人,渡邉心選手は,世羅高校から青山学院大学に進み,4年次の「全日本インカレ」10000mでは,7位に入賞しています。シーズンの始まりというだけでなく,チームとして新しい時代の幕開けにしたいと考えています。
続きを読む>>

「ニューイヤー駅伝 2016」に向けて
2015年12月14日
  24回目の出場となる「ニューイヤー駅伝」が近づいてきました。3年連続5位からジャンプアップするべく,チーム全員がこの駅伝を最大の目標として練習してきました。
続きを読む>>

2015年シーズンの目標
2015年5月11日
  2015年シーズン,2名の新人が加入しました。藤川拓也選手は,青山学院大学のキャプテンを務め,今年の箱根駅伝9区区間賞で初優勝に貢献しました。松井智靖選手は明治大学で今年の箱根駅伝4区を区間3位で走りました。ともに地元の広島県立世羅高等学校出身の選手です。地元広島でより高い目標を追求してほしいと期待しています。
続きを読む>>

2月から新体制へ
2011年2月25日
  1月30日の中国山口駅伝で,今年度の駅伝シーズンが終了しました。と同時に,陸上部も新体制に移行する節目を迎えることになります。というのも当社の定期人事異動は2月1日。現役を引退する選手や,陸上部を離れるスタッフは,この機に職場での新たな仕事に移っていくことになるのです。
続きを読む>>

2010ニューイヤー駅伝で踏み出した次の10年への一歩
2010年1月 6日
  あけましておめでとうございます。
  みなさんは,どのような新年を迎えられたでしょうか。

  私たちはここ18年,年末29日に前橋に入り,元旦ニューイヤー駅伝で新年を迎えます。毎年同じことの繰り返しですが決して慣れることがありません。毎年メンバーが変わるし,体調も様々,ベストメンバー,ベストコンディションでレースに臨むということは一筋縄でいくものではありません。ことに今回は,創部21年目,次の10年に向けてのスタートであり,世代交代の第一歩という意味で,特別な緊張感がありました。
続きを読む>>

世界で戦うということ
2009年8月31日
  オリンピック代表になりたい,世界選手権に出たい,世界の舞台で戦いたい,そして頂点を極めたい。スポーツを志す者の多くが抱く夢です。しかし,夢を実現するために実力を養い,実績を積み重ねるためには,幾多の壁が立ちはだかります。そして,オリンピックは4年に一度,マラソン代表は3人。実力だけでなく運も味方につけなければ代表にはなれません。
続きを読む>>

駅伝シーズンに向けて
2008年11月25日
  11月16日(日)毎年世羅台地で行われる中国実業団駅伝が開催されました。今回は世代交代を強く意識し,若手中心のメンバーで臨みました。5区でようやくマツダチームを逆転し12年連続で優勝することができました。
続きを読む>>

夏から秋へ
2008年10月 1日
  北京オリンピックが終わって,早一月経ちました。結果はご存知のとおりですが,私は,2人ともできる限りのことをやったと思います。応援していただいた皆様に,心よりお礼申し上げます。
続きを読む>>

チームとしてのオリンピック
2008年6月13日
  5月19日から,北京に向けて本格的なマラソン合宿に入りました。この時期になると,一日一日が飛ぶように過ぎ,あっという間に6月半ばになったような気がします。このような世界大会の合宿では,私はほとんど合宿に張り付きます。そのため,他の選手の練習をみることができません。しかし,代表選手以外の状況というのは,監督はもちろん代表選手に意外と影響を及ぼすものです。
続きを読む>>

新シーズンに思うこと
2008年4月28日
  4月に入りトラックシーズンが始まりました。見慣れた大学のユニフォームから実業団チームのユニフォームに着替えた新入社員ランナーの姿をレースの中に見ると,こちらも新鮮な気分になります。と同時に,これで勢力図が変わるのか.....と思うのも事実。陸上界も常に動いているんだということを実感するときでもあります。
続きを読む>>

誰にも語ることができない4年間
2008年3月21日
  3月10日,尾方剛,佐藤敦之の2名が,北京オリンピック男子マラソン日本代表に決定しました。日頃から応援して頂いている皆様に心から感謝いたします。
続きを読む>>

駅伝シーズン終了!またそれぞれの目標へ
2008年1月30日
  1月27日に行われた中国山口駅伝で,今年度の駅伝シーズンが終わりました。それぞれの駅伝が終了すると,選手は,それぞれ違った目標に向かって本格的な取り組みを開始します。
続きを読む>>

2007年を振り返る
2007年12月21日
  2007年は,ニューイヤー駅伝2度目の優勝で幕を開けました。5区佐藤敦之選手の大逆転劇が勝負を決めました。2007年は,この「逆転」がキーワードとなりました。
続きを読む>>

どうなる!?北京オリンピック代表選考会
2007年11月27日
  12月2日(日)福岡国際マラソンを皮切りに,北京オリンピック男子マラソン代表を決める国内最終選考会が始まります。4年に一度の大会は,雲にさえぎられ青空が望めない,そんな何ともいえない雰囲気があります。
続きを読む>>

駅伝シーズンに向けて
2007年10月10日
  長く続いた暑さもようやくおさまり,季節が確実に歩を進めていると感じられるようになりました。そして,また確実に巡ってくるのが駅伝・マラソンシーズン。特に今年度は北京オリンピックのマラソン最終選考会がある,厳しいシーズンになります。
続きを読む>>

マラソンは未知の航路を行くようなもの
2007年8月30日
  世界陸上男子マラソン、朝早くから応援していただき、ありがとうございました。尾方選手はメダルにこそ届きませんでしたが、精一杯走り切ることができました。レース後には,「感動した」「泣いてしまった」「よく頑張った」など、多くの言葉をいただき、やってきたことは伝わるのだなと、しみじみと思いました。また、日本男子マラソンチーム全員が、自国開催という責任とプライドを持ち、よく健闘しました。
続きを読む>>

世界の舞台は夢の舞台
2007年8月17日
  8月25日(土),世界陸上大阪大会が、男子マラソンを皮切りに開幕します。オリンピックの前年ということもあり、高いレベルでの優勝争いが期待されます。
続きを読む>>

どうなる?ラニ-ニャの夏
2007年7月12日
  「エルニーニョ現象」という言葉は,すでに広く知られていますが,「ラニ-ニャ現象」というのは,初めて聞いたという人がほとんどではないでしょうか。「ラニ-ニャ現象」が起こる夏は,特に暑くなるとのことですが,今夏はどうなるのでしょうか。
続きを読む>>

ネルソンの風が輝く日
2007年6月15日
  6月9日,大阪世界陸上に向けた,ニュージーランドのネルソンでの合宿を終えました。ネルソンは秋から冬に季節が移る頃,日本の秋晴れのような天候に恵まれます。そのため,充実した合宿ができました。 時々,高地でもないニュージーランドでなぜ合宿をするのか,と聞かれることがあります。それは,練習環境が抜群で,集中して練習できるからです。そこで,今回はニュージーランドの自然環境について書いてみたいと思います。
続きを読む>>

あっという間にやってきたオリンピックの選考会シーズン
2007年5月11日
  8月に開催される大阪世界陸上から,北京オリンピックの選考会が始まります。アテネオリンピックの選考で,ものが喉を通らないという思いをしてから,もう4年弱経っているかと思うと,あらためて,月日の流れの速さを感じます。
続きを読む>>

新たなシーズンの始まり
2007年4月13日
  いつも練習している太田川沿いのコースは,お花見スポットでもあります。今年の桜は,突然のみぞれに見舞われましたが,それでも咲いている期間が長いような気がします。桜を見る心境に影響を及ぼすのが,やはりチーム状態です。特に,新人選手が走れているかどうかが大きいものです。あそこが痛い,ここに違和感が,などで走れないとガックリです。桜を愛でる気にもなりません。ちょっと昔までそんな年が何年続いたことか。
続きを読む>>

苦戦した大阪世界陸上選考会
2007年3月20日
  3月12日,大阪世界陸上の代表選手が発表されました。
その日は,ちょうどアジアクロスカントリー選手権からの帰りで,成田に着くとすぐに発表を聞いた人から電話があり,尾方剛選手が選ばれたとのこと。
「あーよかった」と安堵したのでした。
続きを読む>>

油谷選手が途中棄権せざるを得なかった本当の原因
2007年3月 5日
  3万人以上が参加した,第1回東京マラソン。優勝候補と期待されていた油谷選手は,無念のリタイアという結果に終わりました。右脚の痛みが直接の原因でした。アクシデントというのは,スポーツの世界ではよくあることです。でも,私は,ただ4日前から張りを感じていた部分が,レースの途中で痛み出したという,単純なことではないと思っています。
続きを読む>>

ランナーズ・ブログ誕生の経緯
2007年2月 2日
  2月1日は定期人事異動の発令日。2月は別れと出会いの月なのです。

  陸上部では,長くチームを引っ張ってきた内冨恭則主将,五十嵐範暁副主将が現役を引退します。また,数年ぶりの駅伝出場となった中国山口駅伝を最後に吉田行宏選手が,1年間チームを切り回した高下裕次マネージャーが現場を去り,会社とのパイプ役を担った宮脇裕二フロントマネージャーが異動することとなります。
続きを読む>>

苦しみぬいてリラックスしたフォームを身につけた佐藤敦之
2007年1月25日
  1月6日から新年早々の合宿を,石垣島で行いました。2月4日別大マラソン(佐藤敦之),2月18日東京マラソン(油谷繁,沖野剛久),3月4日びわ湖毎日マラソン(梅木蔵雄)と大阪世界陸上の予選が続きます。世界を目指す選手たちにとっては,ホッとするどころか,これからが勝負なのです。
続きを読む>>

2007年は最高のスタート
2007年1月 9日
  あけまして、おめでとうございます。

  今年も、月2回のペースでショートメッセージを更新していきますので、よろしくお願いします。

  2007年は、ニューイヤー駅伝で優勝し、チームにとって最高のスタートになりました。今回のチームは、2004年に優勝したときよりは、選手みんなが一皮むけたといった感じで、成熟したチームに仕上がっていました。ただし、今の駅伝は、ワールドクラスの外国人ランナーが次々と投入されるため、そんな外国人ランナーのいないチームはどうしても劣勢にたたされます。それでも、優勝できるチャンスは無きにしもあらず、と思っていました。というのも、先行されても、5、6、7区はどのチームにも負けないという自信があったからです。
続きを読む>>

谷あり山ありの2006年
2006年12月28日
1月 ・ニューイヤー駅伝で準優勝。でも,わかっていたことだが世代交代が大きな課題だ。
・中国山口駅伝は若手に勢いがなく4位に。将来が暗いな....。
2月 ・別大マラソンで沖野選手が2時間14分台で6位に。マラソンで何度もエネルギー切れを起こしながら,「ボクにはマラソンしかない」という一途な思いでつかんだ6位。こ の沖野の思いがチームに今一番必要なことだ。
続きを読む≫

謙虚な皇帝ハイレ・ゲブレシラシエ
2006年12月12日
  福岡国際マラソンで,皇帝ゲブレシラシエが初めて日本のマラソンを走りました。レース前,マスコミ関係者から「尾方選手が優勝できる可能性はあるか」と聞かれ,私は「それはおとぎ話やファンタジーの世界だ」と答えました。実際彼の調子が悪かったからそう言ったわけではありません。例え,絶好調でも同じことを言いました。レース後,日本人選手たちは,ゲブレシラシエ選手の走りを「まるでジョギングのようだった」と言っていました。それくらい次元が違うのです。
続きを読む>>

駅伝と風邪
2006年12月 1日
  駅伝シーズンが本格化してくると,流行り始めるのが風邪です。会社でもそこここで,咳の音が。故障と並んで,この風邪こそが駅伝の大敵なのです。せっかく1年間練習してきて,最も大事なニューイヤー駅伝の前に風邪をひいたら,1年の苦労も水の泡。ですから,風邪を引かないことが駅伝の大切なコンディショニングの一つになります。
続きを読む>>

駅伝シーズン到来
2006年10月27日
  街路樹や山の木々が色づき始める頃,私たちの駅伝シーズンが始まります。

  大学では,既に10月9日に出雲全日本大学選抜駅伝が,21日には箱根駅伝の予選会が開催されました。もはや,初詣と同じくらいの国民行事となった箱根駅伝。予選会には初めて行きましたが,私たちの走っていた頃とは注目度が全く違いますね。各校の幟を担いだ人,ファン,OBなどの人,人,人。勝負の明暗も印象的でした。予選に落ちたときの虚無感,孤独感,無力感。私たちもニューイヤー駅伝の予選に落ちていた頃があるからわかります。でも,悔しいという気持ちを持ちあきらめなければ,負け続けることはありません。月並みだけど「頑張って!」とエールを送りたい。
続きを読む>>

北京を駆け抜けた新しい力
2006年10月19日
  10月15日,北京国際マラソンで,新たな力が誕生しました。3位になった沖野剛久選手,5位の尾崎輝人選手です。新しい力といっても,2人とも中堅からベテランの域にはいろうかという選手です。沖野選手の際立った実績は,2005年青梅マラソン優勝です。しかし,ニューイヤー駅伝に出場したことはありません。尾崎選手は,ニューイヤー駅伝1区のスペシャリストといった存在ですが,決して目立った成績を残しているわけではありません。
続きを読む>>

梅木蔵雄、ベルリンで皇帝と表彰台に立つ!!
2006年10月 5日
  9月24日、ベルリンマラソンが開催されました。野口みずき選手の欠場により、ゴールデンタイムの放送がなくなり、一気に国民の興味の圏外になってしまったベルリンマラソン。しかし、世界的な興味の的は、男子マラソンの世界記録更新プロジェクトという視点からでした。
続きを読む>>

北海道チーム合宿報告
2006年9月15日
  ニュージーランドでの選抜合宿を終え、9月7日から22日まで、この夏最後となるチーム合宿に入っています。場所は以前このブログで紹介した常呂(ところ)町、そして道北の士別市です。

  夏場というのは、駅伝にとって最も重要な時期です。この時期にじっくりトレーニングを行い、持久力を養成しておかなければなりません。そこで大切なのが、チーム目標および個人の目標がはっきりしていることです。そうすれば、チームとしてまとまりのあるトレーニングができ、集団の力で競技力を向上させることができます。
続きを読む>>

走り込んだネルソン(ニュージーランド)合宿
2006年9月 1日
  8月15日から9月1日まで、ネルソンにおいて部員10名で選抜合宿を行いました。ネルソンは、北島、南島に別れているニュージーランドの南島の北端に位置しています。ニュージーランドの中では最も降水量が少ない町とのこと。実際、今回の合宿で雨に降られたのは朝練習中の1回だけでした。今は冬から春への季節の変わり目で桜が満開。朝は冷え込むものの、日中は練習に最適、これ以上のコンディションは望めないという気候です。
続きを読む>>

合宿シーズン真っ盛り
2006年8月15日
  8月1日から、若手を中心に新潟県の妙高高原で、マラソン組は北海道千歳市と二手に分かれて合宿を行いました。35℃を超えることが当たり前のようになってしまったこの時期は、少しでも涼しい場所を探して合宿を行うのですが、合宿地も年々暑くなってきているように感じます。ただし、今年の北海道は冷たい高気圧であるオホーツク高気圧が強いためか、暑い日はあるものの、北の大地を、木々の濃い緑の陰影を揺らしながら吹き抜けていく風は爽やかです。
続きを読む>>

「現実を見つめる」~オシム氏の言葉に感銘
2006年7月19日
  世界中を熱狂させた、ワールドカップサッカー。ワールドクラスのプレーは本当にすごかった。残念ながら、日本代表は予選リーグ最下位という現実をつきつけられた大会になってしまいましたが。

  ポストW杯で俄然注目を集めたのは、次期監督候補、イビチャ・オシム氏でした。私はこの騒動で初めて知ったのですが、その発言を新聞記事で見て、すごい指導者だと思いました。
続きを読む>>

クールなトラックシーズン
2006年5月24日
  ロンドンマラソンで,マラソンシーズンは終わり,既にトラックシーズンの只中です。今年はどうやら涼しい日が多く,トレーニングには良いコンディションです。

  ところが,気候同様,わが陸上競技部の競技成績もクールです。自己記録はおろか,5000mで13分台,10000mで28分台も出ていません。主力選手がマラソン後の休養であったり,故障であったりということもあるのですが,トレーニングを変えたのも一因だと考えています。
続きを読む>>

ロンドンマラソンレポート
2006年5月 2日
  今年のロンドンマラソンは,「レース・オブ・センチュリー(世紀のレース)」といわれるほど,有力ランナーが集まりました。

  皇帝ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア),アテネ五輪金メダリストステファノ・バルディ二(イタリア),世界選手権2連覇ジャウアド・ガリブ(モロッコ),元世界記録保持者ハリド・ハヌーシ(米国)ら2度と見ることができないであろうという顔ぶれでした。残念だったのは,世界記録保持者ポール・テルガト(ケニア)が故障のため,直前に欠場を発表したことでした。 (坂口泰)
続きを読む>>

海外の都市型高速マラソン事情
2006年4月18日
  4月9日、ロッテルダムマラソンがありました。当社からは梅木蔵雄選手が出場し、2時間11分31秒、セカンドベストタイムで11位でした。強風の中でのレースとしては、大健闘といっていいタイムです。ところがトップは2時間6分38秒という好タイム。しかも、マラソンでは最も苦しい37キロから、強い向かい風を受けながら、40キロ過ぎまで3人のケニアランナーが競りあい3人が6分台という、見ごたえのあるレースでした。 (坂口泰)
続きを読む>>

指導者は60歳過ぎてからが本物!?
2006年4月 6日
  3月25日、東京でランニング学会が開催されました。テーマは「マラソンは芸術か」。

  「マラソンは芸術だ」とは、私の恩師、中村清監督の持論でした。その教え子として、中村監督の目指した世界を語るということで、シンポジウムのパネリストとして参加しました。 (坂口泰)
続きを読む>>

難しい高地トレーニング
2006年3月14日
  高地トレーニングは,女子マラソン界では,高橋尚子,野口みずき選手をはじめとし広く取り入られ,トレーニング方法のスタンダードとして定着しています。ところが,日本男子マラソン界においては,積極的に取り組んでいる選手は少数派です。

  男子でも高地トレーニングにトライしてこなかったわけではありません。しかし,成功例が少なく,効果的な方法が十分に検証されていないため,尻すぼみになることを繰り返してきたと言えるように思います。
続きを読む>>

トリノオリンピック、女子カーリング
2006年2月27日
  トリノオリンピック、女子フィギュアスケートの素晴らしさはあえて述べるまでもありません。今大会、その他の競技で、予想外の健闘が注目を集めた競技のひとつは、女子カーリングではなかったでしょうか。

  代表の小野寺歩、林弓枝選手は、オホーツク沿岸、サロマ湖近くの町、ホタテの産地として有名な常呂(ところ)町出身です。彼女たちが常呂町でつくり上げた、ソルトレークシティーオリンピック代表チーム「シムソンズ」は、映画にもなり現在公開中です。
続きを読む>>

沖野剛久選手、別大マラソン6位入賞!!
2006年2月15日
  沖野選手が4回目のマラソンで、メジャー大会初入賞を果たしました。

  過去3回のレースはいずれも、30キロ以降スタミナ切れをおこし、ふらふらになってのゴールでした。これは、エネルギーとなる糖質が消費され、枯渇してくることにより起こります。30キロからがマラソンといわれるのも、この現象と関係しています。症状は、眠くなる、お腹がすいてたまらない、目から星が飛ぶ等、人それぞれですが、もう2度と走りたくないと思うくらい苦しいものです。これを何回も繰り返せば、恐怖心も湧くし、何度やってもだめだと思ってしまうものです。
続きを読む>>

駅伝シーズンを総括する
2006年2月 6日
  1月29日に山口県で行われた、中国山口駅伝で駅伝シーズンが終了しました。そこで、今シーズンの成績を振り返り総括してみたいと思います。 (坂口泰)
続きを読む>>

ひろしま男子駅伝,沿道からの応援の変化
2006年1月24日
  ひろしま男子駅伝は今年で11回目を迎え,広島の新春の風物詩として定着してきたな,との感を持ちました。というのも,以前は,「○○県がんばれ-」という応援が多かったように思うのですが,最近は「○○ガンバレー」と,選手の名前をよく聞くようになった気がするからです。

  広島にきて,自分の名前を呼んでくれる人がいれば,オヤッと嬉しい意外感がある。選手は,「○○県ガンバレ-」でも十分嬉しいのですが,名前で応援されるほうがもっと嬉しいものです。
続きを読む>>

ニューイヤー駅伝2006を戦い終えて
2006年1月 4日
  あけましておめでとうございます。

  元旦,現地で,あるいはテレビの前で応援していただいた皆さま,ありがとうございました。
  本当に厳しい戦いでした。
続きを読む>>

2006ニューイヤー駅伝に挑む
2005年12月28日
  12回目の挑戦で初優勝した2004年,2連覇に挑んだもののアンカー勝負で敗れた2005年。

  今回の目標は優勝です。ただし,容易なことだとは思っていません。コニカミノルタが実力では,一つ抜けています。その上,止まることのない外国人ランナーの増加,それぞれのチームでのチーム力の底上げ。ちょっと失敗すれば,10位,15位はあたりまえ,というのが今の駅伝です。
続きを読む>>

銅メダルと一杯のスープ
2005年12月28日
  今年も1年を振り返る頃となりました。なんといっても,今年一番大きな出来事は,世界陸上ヘルシンキ大会において,尾方剛選手が悲願の銅メダルを獲得したことです。このヘルシンキでの快走を支えてくれたのが,一杯のスープでした。
続きを読む>>

ニューイヤー駅伝への手応えを感じた中国実業団駅伝
2005年11月28日
  駅伝で勝つための鉄則は,先行逃げ切りです。
しかし,中国実業団駅伝では,1区から大きく遅れ,ちょうど中間距離の4区が終わった時点で,首位カネボウから2分近く(約700m)離されてしまいました。この差は本来致命的です。なぜなら,先頭を追おうと思っても,前がまったく見えないため,追いつこうとする意欲が半減してしまうからです。ところが,後半あきらめることなく,6区尾崎選手が中継地点手前で逆転,アンカー内冨選手が逆に2分近い差に広げ,9連覇のテープを切りました。
続きを読む>>

駅伝シーズンを前に思う
2005年11月18日
  こんにちは。中国電力陸上競技部の坂口です。
今年も紅葉とともに,駅伝シーズンがやってきました。 木々が季節の変化を感じ取るように,ランナーも肌に受ける風の変化に,駅伝シーズン独特の緊張感の高まりを感じます。
続きを読む>>

ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.