ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 駅伝シーズンを総括する
駅伝シーズンを総括する
2006年2月 6日
1月29日に山口県で行われた、中国山口駅伝で駅伝シーズンが終了しました。そこで、今シーズンの成績を振り返り総括してみたいと思います。 (坂口泰)

  :: 中国実業団駅伝   優勝
  :: ニューイヤー駅伝   2位
  :: 中国山口駅伝    4位
  :: 国際千葉駅伝    日本代表 (チーム順位  2位) 3区 佐藤敦之
  :: ひろしま男子駅伝
   <広島県代表> (チーム順位  6位) 3区 油谷繁, 7区 尾崎輝人
   <岡山県代表> (チーム順位 23位) 7区 重成英彰
   <山口県代表> (チーム順位  8位) 7区 梅木蔵雄
   <福島県代表> (チーム順位 28位) 7区 佐藤敦之

以上が今シーズンの成績です。

大まかにまとめると、みんな精一杯やったな、というところです。特に、ニューイヤー駅伝では優勝を期待されながらの2位でした。しかし、1,3区の外国人選手区間で圧倒的に差を広げられる今の駅伝で、一旦遅れながら、追いつき、追い越すには、思うよりはるかに労力が必要です。マラソンをやりながら駅伝でもチーム全体のことを思い、力を振り絞って選手たちは走りました。チーム全体として、あれ以上のことはできません。

一方で、これをよくやった、で終わらせてはならない。というのも駅伝は必ずマラソンに悪い影響をもたらすからです。昨年もそうでした。今後、大阪世界陸上、北京オリンピックの代表選考が始まります。いつまでも、マラソンの主力選手に頼った駅伝ではなく、若手選手が、チームの柱になるんだ、という気概を持ってほしいものだと思いました。

今シーズンも、心温まるご声援ありがとうございました。



皆さまからのコメント

先日来防府マラソンや中国山口駅伝で大変お世話になりました。
ひょんな事でこのブログを知りましてご挨拶させていただきました。

駅伝シーズンお疲れ様でした。
今年も更なるご活躍を楽しみにしています!

投稿者 KRY竹重 : 2006年2月 9日 13:22


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.