ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > トリノオリンピック、女子カーリング
トリノオリンピック、女子カーリング
2006年2月27日

トリノオリンピック、女子フィギュアスケートの素晴らしさはあえて述べるまでもありません。今大会、その他の競技で、予想外の健闘が注目を集めた競技のひとつは、女子カーリングではなかったでしょうか。

代表の小野寺歩、林弓枝選手は、オホーツク沿岸、サロマ湖近くの町、ホタテの産地として有名な常呂(ところ)町出身です。彼女たちが常呂町でつくり上げた、ソルトレークシティーオリンピック代表チーム「シムソンズ」は、映画にもなり現在公開中です。

私にとって常呂町は、学生時代、初めて北海道合宿に行った町です。その後の選手時代、そして指導者になってからも毎年合宿でお世話になっている、古里といっていい町です。彼女たちとの面識はないのですが、いつも宿泊する旅館にシムソンズのポスターが飾ってあるため、廊下を行き来するたびに身近な存在に感じられるようになり、知り合いのような気持ちで応援していました。

シムソンズはソルトレークで惨敗しました。その後、チームは解散、二人が活動拠点を求めて青森に行ったと聞いたときは、寂しい気持ちがしたものでした。

その彼女たちがここまで来ることができたのは、どんなことがあっても、カーリングが好きだから、もっと上手になりたい、もっと強くなりたい、オリンピックという最高の舞台で最高の力を出したい。そんな純粋な気持ちを、どんな時でも心の奥底に持ち続けたからこそと思います。

常呂生まれのカーリング娘たちは、もっともっと広い世界で活躍していってくれることでしょう。 (坂口泰)




皆さまからのコメント

坂口監督 こんばんは。
ブログの更新、嬉しく読んでおります。
新鮮でおいしいホタテの味を思い出していらっしゃるのではないでしょうか?
僕の常呂町の思い出は、
旅館で出た朝食のホタテ三昧っぷりと、そしてカレー。
一度しか行ったことはないですが、カーリングチームが少しだけ身近に感じました。行ったことがなければ、鹿児島出身の僕は、常呂町の場所すら分からなかった思います。
新谷さん。お元気にしていらっしゃるでしょうか…。

投稿者 ・・・のお手伝い : 2006年2月28日 23:28


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.