ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 第5回インタビュー(尾方選手)
第5回インタビュー(尾方選手)
2006年12月 8日

今回は,12月3日の福岡国際マラソンを走り終えた尾方剛(おがた つよし)選手にインタビューしました。

Q.gif??福岡国際マラソン,お疲れさまでした。今回のレースを振り返って,いかがでしたか?

尾方選手インタビュー写真
今回は,海外のトップ級の選手が出場していましたので,それらの選手と勝負することを目標にしていましたが,実際には28キロすぎで離されてしまい,それからは一人で粘るしかない,というレースとなりました。

??粘ると言っても,28キロからゴールまでは,長いですね。

(途中で)諦めてしまうと次のレースはないですし,まだ前を走っている選手が見える範囲内でしたので,自分の気持ちが切れなければ,相手のペースが落ちてくるかもしれないですから,粘るしかないと思って走りました。

Q.gif??今回は,アキレス腱を痛められた後でのレースと伺いましたが,その中で,今回福岡国際マラソンに出場されたのはなぜですか? 他レースへの変更は考えられなかったのですか?

アキレス腱を痛めたのは9月末で,その後も長い距離はこなしていたのですが,トップスピードで走る練習ができず,正直,(出場について)どうしようかという思いもありました。ただ,夏場にきちんと練習ができていて,その「ため」があったので,なんとか走れるだろうと思いました。

また,海外のトップ級の選手が出場するということがわかっていましたので,これも試練かなぁという思いもあり,出場するレースを変えるつもりはありませんでした。

Q.gif??今回の結果について,どのように感じておられますか?

正直,海外のトップ級の選手と勝負したかった。勝負できなかったのが悔しいですが,一人になって粘れたことは収穫です。

今回,海外のトップ級の選手と走れて,とてもいい経験ができたと考えています。一緒に走り,自ら肌で感じたことで,自分に足りないものが何かわかるとともに,やるべきことをきっちりやれば勝てるという実感を持てました。

??「自分に足りないもの」とは,具体的には何でしょう?

レース全体を通して,「楽に走れる」という感覚がまだ完全ではないと感じました。「頑張って走る」というのは誰にでもできるのですが,それでは体がもちません。いかに余裕を持って走るか,そういう感覚がまだ完全には身についていない,それができれば今回の外国勢にも勝てると,走ってみて思いました。

Q.gif??次の目標,抱負などを聞かせてください。

大阪の世界陸上への出場は厳しい状況になりましたが,次に走るマラソンでは,万全の状態で自分の走りができるよう勝負したいと思っています。

目標として北京オリンピックがあり,そこでメダルをとれるよう精進して,勝負していきたいです。




皆さまからのコメント

福岡国際マラソン見ました!結果は残念だったんですけど、まだまだ来年の選考会までには時間があるので次のレースではヘルシンキのような素晴らしい走りを見せてください!
尾方さんの走りはいつも自分に刺激になります!ずっと応援してます!!!

投稿者 走る男 : 2006年12月 8日 20:01

 尾方選手の前向きなコメントに感動です。
普通なら落ち込んでしまいそうですが・・・。

言動がとても励みになります。これからも、楽にがんばってください。

投稿者 しんでぃ : 2006年12月 9日 08:42

尾方剛 様。
福岡国際を見させて頂きました。
一生懸命に走ってる姿を見て感動しました。
前に一度、図々しくも出した手紙をに頂いたお返事を大切にしております。自分の息子と変わらぬ年齢の尾方さんを、息子のように思い心から応援しております。
ニューイヤー駅伝楽しみにしています。
どうぞ、チームの皆さんと共に頑張ってくださいね。

            

投稿者 木戸 由美子 : 2006年12月29日 11:56

ニューイヤー駅伝、優勝おめでとう御座います。中でも佐藤敦之君の走りには感動しました。坂口監督もインタビューに答えて佐藤選手の事を次のように言いました。「佐藤は神様、仏様です!」と。監督をここまで言わせて余りある走りをテレビで全国のフアンに見せてくれました。日頃練習している姿をよく街中で見掛けます。真面目で頑張り屋さんです。福島県から単身広島に来てもう何年になるでしょうか、私は以前から彼のフアンです。事ある毎に応援しています。まだ上を目指して居る事と思いますが、マラソンではあの走りは通用しません。心で頑張ってしまうからです。足は動いても、心で頑張ってはいけません。心では「いつも気を楽にして」「走り抜け」なければ勝てません。「走り抜くこと」此の言葉、忘れないでね!佐藤君。    東区戸坂の高尾のおっちゃんより

投稿者 高尾(たかお) 亨(とおる) : 2007年1月 1日 22:48


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.