ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 第6回インタビュー(五十嵐選手vol.2)
第6回インタビュー(五十嵐選手vol.2)
2006年12月26日

今回は,12月17日,マラソンのラストランとなる防府読売マラソンを終えられた五十嵐範暁(いがらし のりあき)選手にお話をうかがいました。

Q.gif?? ラストランはいかがでしたか? 走り終えての心境などを聞かせてください。

ラストランを走る前,私は「大会に出るからには結果がすべてだ」と考えていました。

ラストランで沿道を走る五十嵐選手(写真)
でも,ラストラン当日は,沿道からの応援がすごくて,途中走って苦しくなりながらも,その声援を聞き,これまでのことを思い浮かべながら走ったりもしました。2年前の防府読売マラソンでキツかったこと,その時も会社の人たちが応援に来てくれていたことも。

もっといけるだろうと思っていたのですが,あんなに寒いレースの経験がなく,予想以上に過酷でした。寒くて,25~30キロくらいのところでスタミナ切れをおこしてしまい,お腹がすいてきて,ゴールまでたどりつけるかなと一瞬思いました。でも,今回は現役選手として最後のマラソンです。苦しくても途中でやめることは絶対できない,走り切るしかないと思いました。

最後にいい結果で終わりたかったのでその部分では満足はいかないのですが,それでも,すべての現役選手が「この大会がラストランだ」と決めて引退できるわけではなく,こうして最後に地元の大会で走らせていただけて,本当によかったと思っています。


Q.gif?? これまでの選手生活の中で,陸上をやっていてよかったと思うこと,印象に残っていることを聞かせてください。

選手生活では,一つひとつの試合,結果がすべてでした。仮に試合結果に満足できたとしても,その満足感は数日間しか続きませんでした。一つの試合が終わればすぐ次の試合に気持ちが向いていました。

ラストランでゴールする五十嵐選手(写真)
それでも,振り返ってみると,駅伝でもマラソンでも,チームのために何かできたと今思えるのは,よかったと思います。

ラストランを終えた後,引退セレモニーをしていただいたのですが,その時,高校時代の恩師の平山先生が来てくださっていて,花束をくださいました。先生が来られることは事前に知らされておらず,驚くと同時にとても嬉しく思いました。ラストランを走って,こんなにも多くの人たちが自分の走りを見守ってくれていたんだと改めて感じ,それがとても心に残っています。


Q.gif??最も思い出に残っている駅伝,マラソンについて聞かせてください。

最も思い出に残っている駅伝,それは1999年のニューイヤー駅伝です。というのも,この年,ニューイヤー駅伝の前に,チームの一部に,自分の役割への不安(自分にかかる負担が大きすぎるのではないかという思い)を感じているメンバーがいて,メンバーの気持ちが一つになっていませんでした。

この時,寮の集会室に選手だけが集まり,チームをよくするために自分たちはどうしたらいいのか,みんなで真剣に話し合いました。うちのチームでは,みんなで集まってこのような話し合いをするのは異例なことで,私が知る限りでは,この16年間でこの1回だけだと思います。この時,内冨キャプテンと私が,「俺たちが(俺たちの区間で)何とかするから」という強い気持ちをメンバーに伝えました。この話し合いの後,みんなの意識が同じ方向に向き,気持ちを一つにして駅伝を走ることができました。この年,中国電力は初めてニューイヤー駅伝で3位に入賞。あの話し合いでみんなの気持ちが一つになれたからこそだと思います。
  
梅木,油谷選手は,当時は若手でしたが,「自分が何とかするんだ」,「自分が頑張れば他の人も頑張ってくれるんだ」という流れを継承してくれていると思います。

最も思い出に残っているマラソンは,2003年の東京国際マラソンです。この大会は,世界選手権パリ大会の選考レースでした。私がマラソンを走る最終目的は世界で走ることでした。当時年齢的にピークを過ぎる頃だった私は,今後チャンスはそんなにないと思っていました。そんな強い思いもあり,東京国際マラソンでは,途中一旦4位に落ちて,ものすごくキツい中,それでも頑張って,3位(日本人で2位)になりました。3位になったことで,世界選手権代表への選考に希望が残りました。

選考の結果,結局,私は代表には選ばれず補欠となり,世界選手権への出場は果たせませんでした。私は,世界大会の選考対象となりながらも結果としては次点となり代表になれないという経験を何度かしましたが,中でもこの時が一番,世界選手権出場に近かったと思います。


Q.gif??五十嵐選手はマラソンにこだわりを持ってこられたと思いますが,五十嵐選手にとって「マラソンの魅力」とは何ですか? また五十嵐選手の粘り強さの原点は何ですか?

五十嵐選手写真

人の体は,35キロ走れる分しかスタミナを貯められないと言われています。マラソンはそれが顕著に表れるスポーツ。ですから,たとえスピードがなくても,トラック競技(10,000m)で2分くらい差がある世界の選手と,10秒差,20秒差という勝負ができる。マラソンには,戦える可能性があるという意味でのおもしろさがあるのです。

粘り強さの原点・・私は,基本的に負けず嫌いなのだと思います(笑)。マラソンは,諦めたら,本当に終わりです。マラソンには,キツくなってから,トラック競技にはない苦しさがあります。我慢して粘り強く走るのは非常に辛いものです。粘れるかどうかというのは,経験の部分ももちろんありますが,基本的には,思いの強さだけだと思います。


Q.gif??五十嵐選手はチームの副キャプテンとしてもチームを支えてこられましたが,副キャプテンの立場で経験したこと,感じたことなどを聞かせてください。

当時キャプテンだった池田選手が,故障などもあってキャプテンを続けることが難しくなり,代わりに内冨選手がキャプテンに,私と荒川選手の2人が副キャプテンになりました。

??立候補されたのですか?

いえ,監督に頼まれました。ただ,私はそれを重責と感じ,また立場に縛られたくないとの思いから一度は断りました。そうしたら監督から,「チームのことを考えていない」と言われました。全くそのとおりだと思いました。

だから私は,副キャプテンを引き受けました。内冨キャプテンは3,000m障害,私は5,000m,10,000m,マラソンをやっており,互いに得意分野も違いましたので,2人の長所を活かした発言ができればいいと思ってやってきました。

結果を出すために,自分の思いどおりにしたい,という気持ちはあります。でも,それだけでは,自分のことだけに固執して,「お前はお前,俺は俺」になってしまい,チームとしてはうまくいきません。私は,副キャプテンとして,少しでもメンバーの間に入って,チームの潤滑油の役目を果たすよう心がけました。副キャプテンをすることで,チームのために気持ちを配れるようになったと思うし,やってよかったなと思っています。


Q.gif??五十嵐選手は入社16年目。創部間もない頃を知る最後の選手と聞いています。このチームで16年間走ってこられていかがでしたか?

五十嵐選手(練習中の写真)
当初は,チームがまだまだ発展途上で上に行くしかなかったのですが,その途中にいろいろな経験をさせていただきました。

練習環境にしても,今の選手は恵まれた環境にありますが,夜暗い中練習していた頃のことを,私は今でも覚えています。当時は合宿時間ももらえず金曜日午後から出発して土日にかけて合宿をしていました。

1998年度,ニューイヤー駅伝でチームが初めて3位に入賞。この年は自分がマラソンで2時間9分台を出したり,内冨キャプテンもアジア大会で金メダルをとったり,何か,行けるんじゃないか,という雰囲気がありました。チームの節目の年だったと思います。

この16年間,いろいろな経験を通して,チームの成長とともに自分も成長できたと思っています。


Q.gif??最後に,これまで応援してくださったみなさんに一言お願いします。

16年間(学生時代を含めると22年間)やってこれたのは,みなさんの応援や,サポートしてくださった方々のおかげです。サポートと一言で言っても,応援してくださるみなさん,会社の方,家族をはじめ,例えば競技開催にあたっては審判の方や大会関係者など,実にたくさんの方に支えていただいたおかげで自分のレースが成り立っていたのだと改めて感じており,心から感謝しています。

ラストランを走り終えて,周囲の方から,「これまで本当に楽しませてもらった。ありがとう」と言っていただいたのですが,私はそのことをとても嬉しく思いました。私はこれまで,もちろん自分のために走ってきたわけですが,それでも,そうして自分のやってきたことが,人のためになることがあったとすれば,それは本当に幸せなことです。
応援してくださった方に,少しでも陸上に興味を持ってもらえたり,楽しいと思ってもらえたり,何か役に立てているなら,私が16年間(22年間)やってきたことはムダではない。そう思えるくらい,みなさんの応援が心に響きました。

これまで本当にありがとうございました。




皆さまからのコメント

今年の駅伝のアンカーがしていたネックレスは何ですか?

投稿者 チョビ : 2007年1月 2日 09:21

毎回魂のこもった走りに感動してました。今までご苦労様でした。

投稿者 こばP : 2007年1月 3日 17:05

五十嵐選手、お疲れ様でした。
私は中学校の先輩にあたる者ですが、五十嵐選手が中学に入ったときに、素晴らしい走りをしている1年生がいると有名でした。今でも覚えています。あれから、22年、本当にお疲れ様でした。

投稿者 のりたま : 2007年1月 6日 01:47

五十嵐選手,お疲れさまでした。

私は,下松工転任前の高校で平山先生に指導を受けていたこともあって,下松工時代から応援させてもらってました。一度だけ同じ駅伝の同じ区間を走ったこともあります。
独特なフォームで,いつも粘りの走りをされる姿に雑草のような強さを感じてました。
長い間御苦労様でした。

投稿者 くに : 2007年1月 8日 09:10

何時見ても穏やかで 感じのいい方ですね 走る姿はまるでチータ

投稿者 あきら : 2016年10月 27日 07:58


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.