ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 坂口監督に聞いてみたいこと(ブログ開設1周年企画 vol.1/4)
坂口監督に聞いてみたいこと(ブログ開設1周年企画 vol.1/4)
2007年1月12日

ブログ開設1周年記念企画として皆さまから募集しました「坂口監督に聞いてみたいこと(ご質問)」の中から,第1回目の今回は,みかん様(男性,20代)からのご質問に,お答えします。

坂口監督に聞いてみたいこと(質問)
?? 私は,ある高校で陸上を指導するものです。よく選手が練習メニューを設定したタイムでこなせない時,「なんでいけないんだ」って言ってしまうことがあります。しかし,選手が練習をこなせないのは,選手本人の責任ではなく,監督や指導者の責任だと聞いたことがありました。私はその言葉を聞いて以来,自分自身の指導がまだまだ悪いからダメなんだと思うようになりました。坂口監督は,どちらの考えを持っておられますか。聞かせてください。お願いします。

坂口監督の回答

坂口監督写真
私も,そのような時,そう言いたくもなりますし,たまには口にして言ってしまうこともあります(笑)。

ただ,「できない」ということだけを見て「ダメだ」と考えるのはよくないと思います。できないからこそできるようにすればいいのです。問題なのは,「できない」ことではなく,「やろうとしない」こと。ですから監督と選手が互いに前向きにやっていてのことであれば,それは選手と監督のどちらが悪いというわけでもありません。

指導者は,今選手がどれだけの力があるかを見極め,ちょっと努力すればできる目標を設定してあげることが大切です。選手には得意不得意もあります。みんなが100%できるわけではありませんし,設定メニューはtry & errorでやっていくしかないでしょう。

大事なことは,監督が「選手を強くしよう」と思うことであり,選手は「強くなりたい」と思うこと。指導者は,人に聞いたり勉強したりして進歩するでしょうし,選手も前向きにやっていれば進歩してきます。そんな風にお互いが前向きであれば,その中からどうやったらいいか必ずわかってくるはずです。がんばってください。


 ブログ開設1周年企画~坂口監督に聞いてみたいこと 関連バックナンバー
  ・第2回: 高校長距離の指導に携わっておられる,都大路命様(男性,30代)からのご質問
  ・第3回: ①中村監督の練習メニューについて,ちぢゅる様(女性,40代)からのご質問
                   ②中村監督から学んだことについて,HAMACYOB様(男性,40代)からのご質問
  ・第4回: ①選手を選ぶ時,何を見て選んでいるの? y2j0113様(男性,20代)からのご質問
                          伸びる選手の見分け方ってありますか? ビートロック様(男性,20代)からのご質問
                   ②力になる応援について知りたい。世羅大地様(男性,40代)からのご質問




皆さまからのコメント

ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.