ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 別府大分毎日マラソン(大会結果)
別府大分毎日マラソン(大会結果)
2007年2月 5日
2月4日(日),大分県において第56回別府大分毎日マラソン大会が開催されました。
当社陸上競技部からも2選手が出場し,佐藤敦之(さとう あつし)選手が2位に入賞しました。ご声援ありがとうございました。

 出場選手及び成績
順位 選手名 記録
1位 藤田 敦史 (富士通)  2時間10分23秒
2位 佐藤 敦之(中国電力) 2時間11分16秒
3位 デービッド・ケンボイ (ケニア) 2時間11分26秒




皆さまからのコメント

佐藤敦之さん、お疲れさん。しばらくはゆっくりと身体を休めて下さい。そして心も休めて下さい。今日は私の感想を読むだけにして下さい。あの日、私はテレビを始めから最後まで見ました。あなたの走りは勿論悪くはありませんでした。しかし、ただ一ついけなっかった事があります。それは、心の中で余計な事を考えてしまったことです。何を?考えたたかは、私には解りませんが、あなたは何か余計な事を考えたに違いありません。それが証拠に、あなたは一度もスパートをかけませんでした。これでは勝負に負けても不思議ではありません。「足がついていけなかった」と云うコメントは、藤田さんのスパートがあってから後のことです。あなたの方が先にスパートしていたら、藤田さんが同じコメントを出していたかも知れません。
勝利した者は常に何かのコメントを残していますが、此の度の勝利者の藤田さんは次のようなコメントを残しました「出ようと思ったのではなく、野生のように出れました」と言いました。ライオンが獲物をねらう時、始めはそろそろと近ずきます、そしてここぞという時、脱兎の如く走って獲物を捕らえます。まさに勝利者たる者、こうでなければ勝てません。
藤田さんはいつの間にか、野生的感覚を身に着けていた事になります。
ニュイヤー駅伝で見せたあなたの走りは、野生そのものでした。そして言ったではありませんか「抜く時には一気に抜き去る事、相手をあきらめさせる事です」と。なのに、今回のマラソンでは、この事を忘れてレースに臨んでいたのでしょう。
二度と忘れないで次はきっと勝って下さい。始めは冷静にそろそろと、ここぞという時には脱兎の如く獲物をつかめ!

投稿者 高尾(たかお) 亨(とおる) : 2007年2月 5日 21:48

佐藤くん、お疲れ様でした。優勝を逃したことは残念ですが、今回の走りが必ず次の走りの糧となると信じています。少し休んで、気持ちを切り替えて前へ進んでください。私はいつも佐藤君の走る姿に勇気と感動をもらっています。これからも末永く応援していきます。
フレー、フレー、敦之!!

投稿者 eiko : 2007年2月 5日 22:06

私は11月の国際千葉駅伝で佐藤選手が別大を走る事を知りました。毎年毎年佐藤選手の魂の走りに魅了され今回もテレビにかじりつくように見入っていました。惜しくも2着でした。でもゴール後いつものように振り返って頭を下げ、インタビューでもスローペースと向かい風の影響に対して、言い訳をしなかった佐藤選手は立派だと感じました。視聴者には伺い知る事が出来ない壮絶な努力をされてきたのだと思いました。人はラクな方に流されがちなのに敢えて辛さを極めたいという佐藤選手はもうすごく高い所に登りかけているのだなと思いました。今回のレース大いに感動と刺激をもらいました、ありがとうございました。ゆっくり休んでください。

投稿者 君津 : 2007年2月 5日 22:55

佐藤選手、おつかれさまです。今回の結果に無念な思いもおありかと思います。が、ファンとしては、地元新聞に載っていた「手応えも得られた」というコメントに救いをも感じました。大分でのレースはもういいやー、などとおっしゃらず、是非またシーサイド・コースを走りにお越しください。そして、次回は、どのランナーよりも先に陸上競技場へ帰ってきてくださいね。これからも応援しています。

投稿者 大分県のファン : 2007年2月 6日 09:47

佐藤さん!
マラソンで勝つまでもう少しだと思います!別大の走りを見ただけでも前と違います!日本最強の実力はあると思います!それは絶対です!!
次は海外マラソンですか?もし出るなら2時間5分台狙えると思います!そこでこの反省をいかして日本記録を出しちゃってください!
北京五輪の選考会は慎重にいくのも良いと思いますが佐藤さんの爆発力を後半の30キロから生かせば誰もついて来れないと思います!!そこで代表を決めてください!!
苦労すればするほど大きい成功はついてきます!
佐藤さんの苦労は必ず報われて最高のマラソンが出来るはずです!
なのでここで諦めないで頑張ってください!!

投稿者 走る男 : 2007年2月 6日 19:40

佐藤選手、別大マラソン本当にお疲れ様でした。
惜しくも2位という結果となりましたが、今回のレースで課題が見えてきたということで、更に躍進できるきっかけが出来て良かったと思います。
私は群馬県在住で、ニューイヤー駅伝を毎年初詣帰りに観戦しています。今年の5区での走る姿を桐生市で観ていて、その迫力に圧倒されました。レースを終えてから周囲に頭を下げる礼儀正しさ、ひたむきに前へと進んでいくあの走りに感動しました。実はこの駅伝は録画していて、何度も佐藤選手の走る姿を見させてもらいました。その度に、私は勇気づけられています。
どうか、心身共にゆっくりと休めて下さいね。次のマラソンで良い結果が出るよう、心から祈っています。

投稿者 プルシアンブルー : 2007年2月 6日 20:46

佐藤さん、本当にお疲れ様でした。

ずっと、テレビの前で応援してました!今の佐藤さんはマラソンを走るたびに、優勝を常に期待される選手なので、そうゆうプレッシャーを感じながら走る事の凄さは想像出来ません。

でも、私は佐藤さんが最後まで完走した姿を見る事が出来て、本当に嬉しかったし、相変わらず勇気を頂きました。(ファンなら、優勝を願うのが普通なのかな・・?)

これからも、応援しますね!!

投稿者 亜希子 : 2007年2月 6日 21:26

坂口監督、佐藤さん、おつかれさまです。

どきどきわくわくで観戦させていただきました。

藤田選手がスパートして行ってしまった時に弱気になった私は、もう3位かと思ってしまったのですが、ケンボイ選手を離してゴールされたところで、佐藤さんの心の強さを感じました。

インタビューでの潔いコメントにも感動しました。

次の目標もあると思いますが、とりあえず、身体も心も一息ついてくださいね。

投稿者 さおり : 2007年2月 6日 21:48

佐藤敦之選手、別大マラソンお疲れさまでした。テレビの前で応援していました。私は、走り始めて約3年になります。昨年の11月中旬10キロのロードレースにでたのですが、走り終わったあと救急車で病院に搬送され、それから怖くなってしまいました。そんな日々が続くなか、テレビで別大マラソンの佐藤敦之選手の一生懸命に走る姿をみて、もう一度、少しずつでもやってみようと、くよくよするのはやめようと思うようになりました。勇気と感動をありがとうございました。佐藤敦之選手、これからもマラソン頑張ってくださいね。応援しています。

投稿者 寺田 光子 : 2007年2月 7日 22:48

佐藤さん
2007別府マラソン第2位おめでとう御座います。私が走って2位になつたようです。本当にお疲れ様でしたしかし2008元旦実業団駅伝が迫っています調子のほうはどうでしょうか、佐藤さんの走りを又テレビで観戦できることを楽しく思っています。頑張ってください応援しています。区間新たのみまつせ

投稿者 寺ふくちゃん : 2007年12月30日 10:51


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.