ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 陸上教室(東広島市)を開催しました
陸上教室(東広島市)を開催しました
2007年6月 6日
ペース走を引っ張る尾崎選手
ペース走を引っ張る尾崎選手
5月26日(土),中国電力陸上競技部の森政辰巳(もりまさたつみ)選手と尾崎輝人(おざきてると)選手,そして昨シーズンで陸上競技部を引退した内冨恭則(うちとみやすのり)選手が,東広島市内の陸上部に所属する中学生(10校,約180名)を対象に陸上教室を行いました。

今回は参加者の皆さんが長距離選手ということで,陸上部の先生方のご要望によりペース走(決められた距離を決められたペースで最後まで走り切る練習)を行うことになりました。

まずは,全員でグラウンドをジョギング,そして3つのグループに分かれて体操やストレッチをしました。そして,これから取り組むペース走について「長距離選手にとってすごく大切な練習」「長距離走はラストスパートで勝負が決まるからラストはペースを上げよう」など,練習のポイントを確認しました。

ペース走は,3,000メートル(11分ペース)を走った後,少し休んでから,1,500メートル(4分40秒ペース)を走りました。3選手はペースメーカーとして中学生を引っ張り,中学生は中電選手の背中を一生懸命に追いかけました。

ペース走が終わると,希望者20人ほどが中電選手と1,000メートルを競争することに。中電選手に勝つことはできませんでしたが,チャレンジした皆さんは,トップアスリートのスピードを肌で感じる良い経験になったのではないでしょうか。

そして,クールダウンのためグラウンドを2周ほどジョギングして陸上教室は終了しました。



質問コーナー(一部をご紹介します)

左から内冨,尾崎,森政選手
左から内冨,尾崎,森政選手


Q.「どうしたらレース前の緊張がとけますか」
A.「レース前は音楽を聞いたりしてリラックスしています。
ただ,レース直前の緊張感は大切だと思います」(森政選手)

Q.「どんな食事をすれば速く走れるようになりますか」
A.「皆さんの年代は好き嫌いせずに何でも食べることが大切です。
ただし,間食はあまりしないように。また,レース前は炭水化物を多く食べるようにしています」(尾崎選手)

Q.「監督とけんかしたことはありますか?」
A.「私は反抗することが多かったと思います。ただ自分のやりたいようにやりたかっただけで・・・。これではだめだよって監督に言われましたが,聞こうとしませんでした。結局,私は自分の考えを押し通して,結果を出すことができませんでした。その経験から,まずは何でも取り入れてみる。そこで行き詰まったら監督と相談して修正することが大切だと学びました。監督の言われることが理解できない時は,なぜそれをしなければいけないのかを話し合うことです。その場では納得できなくても,まずは言われたことをやってみることも必要だと思います。」(内冨選手)



中電選手からのメッセージ

「180人と大勢の中学生が集まってくれました。みんなの一生懸命走っている姿、前向きな姿に、自分も刺激を受けて,良い経験をさせてもらいました。これからも、みんなと楽しく走って行きたいと思います。」(森政選手)

「皆さんの競技に対する純粋な気持ち・考え方は僕たちも教わることが多いです。久々に走ることを純粋に楽しむことができました。」(尾崎選手)

「皆さんの強くなりたいという一生懸命さが伝わってきました。 純粋な気持ちでこのまま競技を続けていってください」(内冨選手)




皆さまからのコメント

ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.