ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 第58回 別府大分毎日マラソン大会(大会結果)
第58回 別府大分毎日マラソン大会(大会結果)
2009年2月 4日
  2月1日(日),大分県(別府・大分)にて「第58回別府大分毎日マラソン大会」が開催され,当社陸上競技部から沖野 剛久選手と田中 宏樹選手が出場しました。
  ご声援ありがとうございました。

■ 出場選手及び成績
順位 選手名 記録
1位 アディル・アソナニ(モロッコ) 2時間10分15秒
2位 小林 誠治(三菱重工長崎) 2時間10分38秒
3位 秋葉 啓太(小森コーポレーション) 2時間10分53秒
 
11位 沖野 剛久(中国電力) 2時間15分08秒
  17位 田中 宏樹(中国電力) 2時間17分59秒

※なおこの大会には,当社陸上競技部から森政 辰巳選手がペースメーカーで参加しました。

沖野 剛久 選手 田中 宏樹 選手



皆さまからのコメント

沖野さん、田中さん 応援します

投稿者 masa : 2009年2月 5日 12:52

お二人ともお疲れ様でした。駒大時代から田中選手のファンなので、テレビの前で興奮して応援していました。出場されると知らなかったのですが、偶然テレビをつけた瞬間田中選手がど真ん中に映っていてびっくりしました。ドキューンって感じでした。力強い走りでとてもかっこ良くて見ている私もなんだか走りたくなってしまいました。怪我をしないで今年も頑張って下さいね!マラソン、期待しています。

投稿者 mai : 2009年2月 5日 14:19

沖野剛久選手、田中宏樹選手。

別府大分マラソンお疲れさまでした。

私は両選手がこの大会に出場するという事を知っていましたので、この日テレビを見るのを大変楽しみにしていました。

此の日、両選手とも調子良く、一斉に飛び出す先頭集団の中に在って、ばっちりとテレビに映っていました。

田中宏樹選手には、ひろしま都道府県男子駅伝の時、お会いしたばかりでしたので、嬉しく思いました。又、沖野選手とは、昨年の暮れ、呉の記録会の時以来でしたがとても嬉しかったです。

三人のペースメーカーのすぐ後ろにぴったりと付く沖野選手!それに

先頭集団の中段にかまえる田中選手の意気込み!。

両者とも「今日はやるかな!?・・・」と、

期待を覗かせる立派な走りを見せてくれました。ありがとう!

又、明日があるさ!・・・。

投稿者 フアン3号 : 2009年2月 5日 21:26

伊達秀晃選手へ。

「伊達君、元気ですか!」。

このところ他の選手は、立て続けに走ったり、入れ替わり走ったりしていますが、伊達選手の元気な姿が見当たらないので家族で心配しています。

「元気な姿を早く見せて下さい!」。

「でも・・・体調が思わしく無い事だってあるかもよ?・・・・」っと、家で妻と話しています。

ひろしま男子駅伝の時も、伊達選手の調子があまり良く無いことを耳にしていましたが、つい「頑張ってェー!」と大きな声で声援を送ってしまいました。
本当にあれでよかったのでしょうか、悪かったのでしょうか・・・と、今頃になって話しをしています。

「でも、そうだとしても、きっと乗り切るだろうよ、彼のことだから!きっと!」。
これが我が家の結論です。

「伊達秀晃選手に神のご加護がありますように・・・・」お祈りします。

投稿者 フアン3号 : 2009年2月 7日 20:04

田子康宏選手。

千葉国際クロスカントリー大会(15日)出場と、小さな記事が新聞に載っていました。
クロカンは小高い森の中を、走りまわる競技と聞いていますが、中にはクロカンが得意な外国選手もたくさん居ると思いますので、ほどほどに頑張って下さい。
無理して頑張った上でのケガは困ります。

トレーニングの一環と思えば気楽に走れると思います。(気楽になどと言えばすぐに目くじら立てる人がいますが、そんなの気にしない気にしない)。   「気楽」とは「冷静」を取り戻せる最大の言葉なり。(名言)。

忘れてならない言葉として、大切にして下さい。

投稿者 フアン3号 : 2009年2月10日 11:40

白濱三徳選手と、各選手。

牛田地区や、太田川のトレーニングコースなどで白濱選手と時折出くわすと、いつも決まって目か手で挨拶を交わす。(フアン3号です)。

最近は、中電のどの選手とも、手を振ったり声を掛けたりしているので、おおよそ、「あれはフアン3号さんだ」と、気が付いてくれていると思うが・・・・どうかな?

最近では、油谷選手、佐藤選手、岡本選手、黒田選手、白濱選手、
伊達選手、たちに出合った。

選手に出会うのはほとんど偶然の筈ですが、私の日頃の行動範囲内に選手たちのランニングコースとが重なっているせいかも知れないと、この頃思っています。

どの選手に会っても、「とっても嬉しい!」と云う事を皆んな知っててもらいたいと思っています。

この頃では、ランニングしている選手の表情を見るだけで、選手の高不調が見える気がしています。最近では伊達選手のランニングしている姿に精彩が見られないので、近寄って「調子が悪いの?」と聞くと、やはり小さくうなずいた、のだ。余程のスランプが彼を襲っているのかも知れない、と思うと、悲しみが私の心を襲うのだ。

でも今、日本人トップの大先輩、尾方選手にも、中電チームに入った頃、「もう走るのは止めよう」と思わせる程の大変なスランプの時期があった事は周知の通りです。

「伊達君、焦らないでどうか気を楽にもって、スランプに立ち向ってもらいたいと、フアン3号、願って止みません」。

投稿者 フアン3号 : 2009年2月10日 12:08


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.