ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 第17回インタビュー:世界陸上選手権ベルリン大会を終えて(佐藤 敦之 選手)
第17回インタビュー:世界陸上選手権ベルリン大会を終えて(佐藤 敦之 選手)
2009年9月 8日
佐藤敦之選手 8月22日(日)にドイツで行われた「第12回世界陸上選手権ベルリン大会」男子マラソンに出場し,2時間12分05秒でゴール,見事6位入賞を果たした佐藤 敦之選手。今回は,見事復活を遂げた佐藤選手に,復活までの道のりや当日のレースの様子について聞きました。(インタビュー実施:8/27(木))

Q.gif??6位入賞おめでとうございます。
  ありがとうございます。目標としていた入賞が達成できて良かったと思っています。


Q.gif??ゴール直後,何か叫んでいましたよね。
  あれは去年の悔しさ,「去年このような走りが出来ていたら違ったのに」という気持ちから出た叫びでした。男子マラソンが弱いと言われるきっかけを作ったのは自分でしたが,それをちゃんと払拭したという気持ち。一年間の鬱憤を晴らした気持ちは「やったー」ではありませんでした。一時の14位から追い上げてぎりぎりでつかんだ入賞でした。

Q.gif??レース展開はどうでしたか,また走っている間は何を考えていましたか。 佐藤敦之選手
  15kmを過ぎてから先頭集団に置いていかれたときは,「もっと力があれば,万全の体調であれば追っていたのに」と思いました。ですが,どこかでアフリカ勢がペースアップすることは分かっていたので,そこは対応せずに自分のペースを守って後半勝負をするんだ,と自分に言い聞かせていました。
  周回コースなので何位か教えてくださる観客の方もいましたが,20km,25km,30kmと,変わらず14位だったときには正直,気が滅入りそうになりました。ただ自分のリズムは狂っていなかったので「これ以上落ちることは無い」と自分に言い聞かせていました。すると30kmを過ぎたら前の選手が止まりだしました。一気に見えなかった選手も縮まってきたので,「失速していった選手をどんどん抜いていこう」という気持ちになることができました。
  3,4人くらい抜いたときに,8位のモロッコの選手の赤いユニフォームが見えてきました。しかし,35kmを過ぎても距離が縮まらずにいたので,このまま追いつけないかとも思いました。それでも40kmを超えてわずかに差が縮まってきたので,「残り2kmで何が起こるかわからない」と自分に言い聞かせました。最後の1.5kmの直線ではエチオピアの選手が見えて,ペースががくんと落ちていると分かったので,「この選手は抜ける」と思ったら元気が出てきました。エチオピアの選手を抜いたら,次はモロッコの選手も近づいてきて,残り1kmを切ってから一気に抜くことが出来,入賞できました。
  諦めないで勝負してよかったと思いました。こんな感覚は初めてでした。マラソンは諦めないことが大切だと実感しました。
  去年の北京は最悪の状態で臨んで最下位でしたが,諦めないで完走したことが今回の入賞につながりました。北京の屈辱も無駄ではなかったと思います。
  レース後,坂口監督に挨拶に行ったときに,監督にハグを求められました。抱き合って喜ぶということはこれまでで初めてだったので驚きましたが,監督の気持ちが伝わってきました。

Q.gif??北京オリンピックからの1年間を振返っていかがですか。 佐藤敦之選手
  去年の今頃はこの先どうすればいいのか分からない状態でした。走ることに対して全く意欲がわかず,身体も全く動きませんでした。先輩たちに飲みに連れていってもらって心の整理をしたりしていました。
  元旦のニューイヤー駅伝(第53回全日本実業団対抗駅伝競走大会)は転機になりました。全然練習ができずに万全の調子ではありませんでしたが,最初に突っ込むことができました。最後には失速しましたが,逃げずに自分のできることをしたと思っています。結果としていつも勝てていた選手に負けるなど,悔しい思いをしましたが,それが嫌だと思うことができました。周りにも「お前が頑張らないと男子マラソンは終わりだ」,「戦えるのはお前だけだ」と言ってもらい,日本男子マラソン界を引っ張っていかなければならないという自覚が芽生えました。男子マラソンが弱いというレッテルを張られるのが嫌なので,それを払拭するには走るしかない,結果で示すしかないという気持ちで再スタートをすることができました。
  北京オリンピックの前と同じ練習方法や考え方では嫌なことを思い出してしまうので,試合に数多く出場するなど出来るだけ当時のやり方とかぶらないように,悪いイメージを思い出さないように意識しました。体調を崩して休んでいたので,最初はやはり体力はないだろうと,自分のできることをこつこつと繰り返し練習することに重点を置きました。「背伸びをせずやっていこう」という気持ちで,前半は練習していました。すると,思いのほか調子が戻ってきて,走る楽しさ,勝負する楽しさを思い出しました。

Q.gif??この1年間で支えとなったものはなんですか。
  妻の存在は大きな支えでした。北京以降の私の様子にも怒りもせず,「調子が悪いときは練習もいいから,帰ってきていいから。無理しなくていいから」と。なかなか言えないことだと思いました。
  昨日日本から帰ってきたばかりなので,まだ妻とお祝いも出来ていませんが,これから二人でのんびりしたいと思います。

Q.gif??これからの目標は。
  ロンドン五輪マラソンでもう一度勝負したい。できることをやっていきたい。そう思います。
  背伸びしないでやっていくことが自分には一番大事だと思います。結果が出ると欲が出ます。それは大事なことですが,自分は欲張らずできることを確実にやっていくことが必要なのだと思いました。
  今回はできることを確実にやっていき,入賞できたので,いい指標になりました。しかしもっと上を目指すなら,運を手繰り寄せる走り,集団がばらけたときに入りこむという走りをしなければいけない。それは今後,トレーニングを積んでから判断していきたいと思います。そこまでいかない段階ではどういう走りをしたらいいのか,そういうコントロールが今回できました。この数ヶ月でコントロールができるようになったのは大きな収穫でした。
  マラソンにおいては,コントロールが一番大事だと思います。結局は自分でどのように走るか,軸がぶれないようにしなければいけない。自分をコントロールして爆発的な力を出せるようになれば勝負できると思います。それまでは背伸びをせず確実に練習を積んでいきたいです。
  また,海外のレースにも積極的に出たいです。海外ではレースの状況,練習方法が日本とは違い,刺激になりますが,陸上以外の人々,文化の違いに触れることも刺激になります。

Q.gif??ランナーズブログをご覧の皆さまにメッセージをお願いします。
  応援ありがとうございました。目標だった入賞ができて自信になり嬉しかったです。今回のレースで学んだことは,「諦めない」という気持ちの大切さでした。レースだけでなく,北京からの1年間も諦めなかったから,力になったのだと思います。諦めずにすんだ背景には,色々な方が陰で支えてくれて,励ましてくれて,ということがありました。この感謝の気持ちを忘れずに前に進んで行こうと思います。



皆さまからのコメント

佐藤敦之選手の誇らしげな写真!いいですね!

この度のベルリン世界陸上の経験は、とても良かったですね!

今後の佐藤選手から、いっそう目が離せそうに有りません!

海外の国際レースの前に、日本国内で先ず一勝!

これ、是非とも期待しています!。

投稿者 フアン3号 : 2009年9月 9日 10:44

「駅伝とマラソンの両立は難しい」
という意見があります。

私は、そうは思いません。

これまで、駅伝を頑張ってこられた佐藤選手が結果をだしてくれたから・・・。

しばらくゆっくりと休めるといいですね(^^♪

投稿者 しんでぃ : 2009年9月 9日 21:18

今回の世界陸上の中で一番感動しました。
本当にこの結果、ゴールを見て嬉しかったです。見事6位入賞おめでとうございます。

北京五輪の結果がどれほどの屈辱で残念なものであったかと思いますし、そこを乗り越えて復活する事がどれほどの闘いであったかと思います。

本当にマラソンは走るという基本なスポーツでありながら、人生、人格を表すものだなと思います。あきらめないことの大切さを痛感しました。

お疲れ様でした。感動を有難うございます。
今後のご活躍を期待しています。
ずっと走り続けて下さい。

投稿者 YK : 2009年9月10日 20:40

世界陸上お疲れさまでした。
敦之くんの雄姿、とても感動しました。

私は中学時代、敦之くんの後輩として同じ陸上部に所属していた者です。

毎日をなんとなく過ごしている今の私は、世界陸上での敦史くんの姿をみて、「私も何か目標を持たなくては」と感じさせられました。
中学時代から努力家でまっすぐな敦之くんだからこそ、復活できたのだと思います。

私と同じように、敦之くんから感動をもらった人が沢山いると思います。これからも、無理をしすぎず、楽しく頑張ってください。応援しています。

投稿者 E.Y : 2009年9月11日 11:38

私は、佐藤敦之さんのファン第一号と自負しています。敦之さんが高校の頃からの新聞記事を切り取って大切にしています。今までのレースは、どれも私には満足でした。どんなに遅れても、「お疲れ様!ありがとう!」と言えます。そう思わせてくださるのです。会津は、冬が長く厳しいのですが、マラソン、駅伝が見れるので楽しみです。 いつも本当にありがとうございます。

投稿者 megu : 2009年9月24日 18:21


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.