ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 2月から新体制へ
2月から新体制へ
2011年2月25日
  1月30日の中国山口駅伝で,今年度の駅伝シーズンが終了しました。と同時に,陸上部も新体制に移行する節目を迎えることになります。というのも当社の定期人事異動は2月1日。現役を引退する選手や,陸上部を離れるスタッフは,この機に職場での新たな仕事に移っていくことになるのです。
  今回は,梅木蔵雄選手が引退,川久保謙一マネージャーに代わり,本多浩隆選手が新マネージャーになりました。
  梅木選手は,箱根駅伝2区で1時間7分台という,今でも区間賞がとれる好記録を引っさげ,入部してきました。ところが,最初は,泣かず飛ばず。マラソンでも3レース連続後半失速を繰り返しました。マラソンには向いていないので止めた方がいい,と言ったこともありました。しかし,梅木選手はあきらめることなく,4レース目の2003年ベルリンマラソンでついに,2時間9分52秒で走り,陸上部5人目のサブテンランナーになりました。2006年のベルリンマラソンでは3位になり,優勝した世界記録保持者のハイレ・ゲブレシラシエ選手(エチオピア)と表彰台に上りました。引退レースとなった昨年の防府読売マラソンを含め,19回マラソンを走り,ニューイヤー駅伝には13年の在籍中10回出場し2度の優勝にも貢献しました。
  あきらめずに挑戦し続けた競技生活は,これからの社会人生活の確たる礎となることでしょう。そして,世代交代するメンバーは,その精神を受け継ぎ,新たな時代をつくっていかなければならないと思います。



皆さまからのコメント

ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.