ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS1.0 2.0

TOP > 第23回インタビュー(尾方剛選手)
第23回インタビュー(尾方剛選手)
2012年3月16日
  今回は,1月31日で陸上競技部を引退した,尾方剛選手に16年間の選手生活を振り返って,インタビューに答えてもらいました。

油谷繁選手 Q.gif--16年間を振り返って,今のお気持ちをお聞かせください。
  良くここまでやって来れたな,という気持ちです。
  入社した頃の中国電力陸上競技部はこれから強くなろうというチームでした。しかし,即戦力として期待されていたにもかかわらず,故障して入社したため,その期待にも応えられず,チームの皆にも迷惑をかけ,精神的にもつらい日々を過ごしました。そのような状態でしたから,ここまで続けられるとは思ってもいませんでした。

Q.gif--一番印象に残っている大会は?
  自分の思うような結果ではなかったのですが,やはり北京オリンピックが最高の大会ですね。4年に一度しかない大会ですし,なかなか出場できる大会でもありません。また,すべてのスポーツ選手が集まってその頂点を極める大会なので,マスコミの対応も違いました。自分としては,世界選手権の延長だと思って臨んでいたのですが,やはりマスコミとか周りの人は「さもすごいことをやっている」かのような対応をされました。世界選手権でもすごいと思ってくれる人もいるのですが,オリンピックと聞くと,陸上に興味がない人でも,「すごいね」と言ってくれる。他の大会とは違う盛り上がりを感じました。
  オリンピックを意識し始めたのは,アテネオリンピック(2004年)の選考会の頃からです。自分も行けると信じて打ち込みましたが,落選しました。その時から,4年間で実績を残しオリンピックで勝負するという気持ちで,アテネオリンピック以降は取り組んできました。
  駅伝で印象に残っている大会は,2004年のニューイヤー駅伝。中国電力が初優勝した年です。3区を任されましたが,当時3区は外国人区間で日本人にとっては不利な区間。でもここでしっかり走っておかないと,チームが優勝争いに加われないので,やりがいを感じて臨みました。そして優勝を狙えるチームでしたので,「自分の力どおりに走れば,あとは皆がなんとかしてくれる」,そう信じて走りました。本当に優勝することができてうれしかったです。


Q.gif--尾方選手はきれいなランニングフォームという印象があるのですが,フォームについて教えてください。
  世界で戦うために,どうしたら楽に走ることができるか,ということを考えていました。例えば,ケニア人選手はジョギングをしているかのように楽に走っているように見えます。やはりこういう感覚で走らないと,世界でメダルを狙うのは難しい。ケニア人選手と比べると日本人は素質も身体能力も劣るわけですから,それをどう克服していくか。こんなことを考えていました。そのためにも,楽に走る感覚が欲しかったのです。
  具体的には,いかにスムーズに足を前に出すか,いかに動作を簡単にするかということになります。これを意識しながら練習したり,自分がうまく使えていない筋肉などを使えるように体操したりしていました。大学の頃からお世話になっているトレーナーと相談しながら,フォームを作り上げていきました。ブレや無駄のないフォームが理想だと思います。「動く歩道」で進むかのような感覚です。足がスムーズに前に出る,流れるような走り,それが自然にできる。それに近づけるようなフォームを模索しながらやってきたつもりです。
Q.gif--多くのマラソン大会に出場されていますが,大会前はどのような心境でしたか。
  本格的な練習は大会の3ヶ月前から始めますが,この3ヶ月は本当にきつかったです。多いときには月に1,380kmくらい走っていました。楽しみといえば食べることくらい。メンタルな面では,自分はスロースターターで,大会に向け少しずつテンションを高めていくという感じでした。もう少し早めに上がっていてもよかったのかもしれません。魂を燃やすようなテンションの上げ方ができればよかったのですが,これについては,うまくできたことも,できなかったこともありました。それでも2週間前くらいになると,「やらなくてはいけない!」とストイックな心境にはなっていました。

Q.gif--応援してくださったみなさんにメッセージをお願いします。
  長い間,応援してくださった方々に感謝しています。皆さまの応援に後押しされ,最後まであきらめず全力で走りきることができました。ありがとうございました。






皆さまからのコメント

お疲れ様でした。雨の中広島市内を走る尾方さんに何度も勇気付けられました。ありがとうございました。いい選手を育ててほしいです。

投稿者 林文明 : 2012年3月21日 23:07

今晩はです(^○^)いつも中国電力を応援しています。尾方剛さんが広島経済大学の監督になられた事、おめでとうございます。自分にとっての尾方剛さんは努力のお方であり、自衛官の時に、尾方さんのことばは、今も生きております。可能性ある限りやるのが、自分らしいと話した事は、救われました。頑張ってくださいませ。

投稿者 森川輝幸 : 2012年7月12日 20:54

競技生活にピリオドを打たれて、正直びっくりしました。
今年の愛媛マラソンに出場されたこと、愛媛県人並びにファンの一人として、ありがたく思います。僕は市民ランナーとして一緒の場で走れたこと、嬉しく思います。
指導者として、世界で活躍できる選手を育てて欲しいです。
いつかまた愛媛マラソンに出場していただくことを切に願っています。

投稿者 いっしー : 2012年9月 6日 15:51

尾方剛選手に憧れています。今までお疲れ様でした。尾方剛選手は、毎日コツコツ努力する人だと、聞きました。そして、走りにも出てました。粘り強く走る姿に、何度も勇気づけられました。

僕は、中学から今も陸上の長距離をしています。しっかり走り世界で、戦えるランナーになります。
遅くなり、すいません。これからも、頑張ってください。ぼくも、頑張ります。

投稿者 畑中翔冴 : 2013年5月18日 17:33

お疲れ様でした。僕は、尾方選手のように粘り強いランナーを、目指して、走っています。長距離は、きついですが、尾方選手の、走る姿をテレビや動画などで見たのを、思うと、頑張ることができます。なかなかうまくいかない時も、はげまされました。

だから、僕も人を感動させる、マラソンランナーになります。尾方選手は、僕の中では、一生のヒーローです。メール遅くなりすいません。これからも、頑張ってください、僕も頑張って走ります。

投稿者 畑中翔冴 : 2013年5月19日 17:10


ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.