ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS 2.0

TOP > 第67回 福岡国際マラソン選手権大会(大会結果)
第67回 福岡国際マラソン選手権大会(大会結果)
2013年12月3日
  12月1日(日),平和台陸上競技場(福岡県福岡市)発着にて「第67回 福岡国際マラソン選手権大会」が開催され,当社陸上競技部から佐藤 敦之 選手と新井 広憲 選手が出場しました。
  沿道,テレビなどを通して,多くの皆さまのご声援をいただき,ありがとうございました。

出場選手および成績
順位 選手名 記録
1位 マーティン・マサシ
(スズキ浜松アスリートクラブ)
2時間07分16秒
2位 ジョセフ・ギタウ (JFEスチール) 2時間09分00秒
3位 川内 優輝 (埼玉県庁) 2時間09分05秒
     
12位 新井 広憲 (中国電力) 2時間16分04秒
142位 佐藤 敦之 (中国電力) 2時間33分00秒

新井 広憲 選手   佐藤 敦之 選手
新井 広憲 選手   佐藤 敦之 選手

佐藤 敦之 選手のコメント

「これが最後だ」とかみしめながら,「諦めず最後まできっちり走ろう」という思いで臨みました。
沿道からは熱い声援が聞こえ,一歩一歩,多くの方に支えていただいた陸上人生を感じながら走ることができ,感謝多きマラソンでした。
これまでたくさんの方に応援していただき,幸せでした。本当にありがとうございました。
佐藤 敦之 選手



皆さまからのコメント

「佐藤敦之選手」が福岡マラソン最後と聞き、私も福岡へ飛んで行きました!

平和台陸上競技場では、お父様や、奥様や、身内8人が「敦之選手の最後のレースを此の目で見届けたい」、と、福島や埼玉から駆けつけておられました。

中電の応援団も多くの人が集合しておられました。

「佐藤頑張れ!」。「新井頑張れ!」。

身内や、沿道の、多くの声援の中で、私も、皆さんと共に、応援する事が出来、本当に幸せでした!

お二人のサインも持って行ったサイン帳に、しっかりと書いてもらいました!

特に「佐藤敦之選手」のサインの横には、次のような言葉が添え書きして有りました。

 佐藤敦之、感謝多き競技人生  と。

(佐藤敦之選手)は、マラソン記録、(2時間7分13秒)。

という輝かしい記録を残して引退して行きました!

私は、「佐藤敦之選手の、大ファンで本当に良かった!」。

(今の、私の、素直な気持ちです)。

  (フアン3号)、

投稿者 (フアン3号) : 2013年12月3日 19:25

佐藤敦之様へ
福岡国際マラソンお疲れ様でした。
競技生活最後の走り、テレビにて拝見できたのは、スタート地点のみでした。テレビに映る精悍な走る姿を見れずとても残念ですが、幸せな笑顔の写真を見れて良かったです。
早稲田大学時代よりテレビの前からですが、マラソンの醍醐味と勇気をいただき感謝の念にたえません。
今後の人生又テレビにて拝見できる事を願い祈っております。有難うございました。

投稿者 静岡 KY : 2013年12月5日 15:35

佐藤敦之様
永きにわたり大変お疲れ様でした。日本の陸上界に一時代を築いて来られ、そして私たち一般人にも感動を与え続けてくださいましたこと、感謝申し上げます。あのニューイヤーでの激走に何度鳥肌を立てたか、そしてレース後の一礼や陸上へ取り組む真摯な姿勢、人生のお手本とも思っております。

これからはまずはゆっくりとお休みになり、新たに指導者として佐藤二世を世の中に送り出してくださることを楽しみにしております。これからも応援しております。

投稿者 へろへろ123 : 2013年12月7日 8:34

佐藤敦之さんへ

大学時代からマラソンデビュー(当時の学生記録)して今まで山あり谷ありの競技生活だったと思いますが、長い間走り続けてお疲れ様でした。

個人的には実業団駅伝での逆転劇や五輪で観せた最後まで投げ出さない走り及び翌年の世界選手権での復活(6位入賞)等が印象に残っています。

今後は指導者の道に進むとのことですが、佐藤選手のような感動をさせてくれる選手をまた観たいと思っています。
今はゆっくり休んでください。
今後はゲストランナーでも走れる姿を観たいと思っています。

投稿者 沖縄のマラソンファン : 2013年12月7日 9:51

佐藤敦之の駅伝での前を追う姿は、駅伝の襷をつなぐ心を表した日本人だれもが感動するそのものでした。長く長くこれからも語り継がれるでしょう。奥様とともにこれからの人生の幸せを心よりおいのりしています。お疲れ様でした。神戸の一駅伝ファンより。

投稿者 TASUKI : 2013年12月7日 10:43

佐藤敦之様
お疲れ様でした。
息子が中学で陸上してから、ずーっと応援してました。たしか、中学3000m日本記録保持者として、はじめて敦之様のことを知りました。あれから二十年近く、高校、大学、実業団と、大変楽しませていただきました。不思議なことに、結果に関わらず、感動しました。真摯に競技に打ち込んでおられるようすに、なんど励まされたことか。

これから、指導者として、新たな一頁をむかえられるとのこと。たのしみでなりません。これからも応援させてくださいね。

投稿者 天南星 : 2013年12月7日 21:16

佐藤 敦之様

マラソン選手として会社の看板を背負ってお疲れ様でした。たくさんのファンのみなさんが残念に思っていますが、これから立派な指導者になられてまた違う姿を拝見出来る日を楽しみにしています。

健康に気をつけて奥様と第2の目標に向かって突き進んでください。

投稿者 あんぱん : 2013年12月25日 22:52

佐藤敦之選手、本当にお疲れ様でした!
ニューイヤー駅伝、都道府県対抗駅伝、北京オリンピック、世界選手権…テレビの前で歓声を上げて応援していました。
走り終えた後にコースに一礼する姿、忘れません。
これからの道も応援しています!

投稿者 まーさ : 2013年12月31日 18:11

ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.