ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
ランナーズ・ブログ[中国電力陸上競技部]
陸上競技部プロフィール
陸上競技部のあゆみ
坂口泰総監督 プロフィール
油谷繁監督 プロフィール
カテゴリー
監督ショートメッセージ
インタビュー
スポーツ文化活動
トピックス
大会結果
最近のエントリー
バックナンバー

リンク
エネルギアスポーツサポートクラブ[陸上競技部]
  中国電力陸上競技部の大会出場予定やレース結果,フォトギャラリーなどはこちらから

RSS 2.0

TOP > 第99回 日本陸上競技選手権大会(大会結果)
第99回 日本陸上競技選手権大会(大会結果)
2015年7月1日
  6月27日(土)・28日(日),デンカビッグスワンスタジアム(新潟県新潟市)にて「第99回 日本陸上競技選手権大会」が開催され,当社陸上競技部から3選手が出場しました。
  初日の10000mには,石川卓哉・藤川拓也の2選手が出場。両選手共に,早い時点から先頭集団に付いていくことができず,終盤は苦しいレースとなりました。日本選手権大会初出場の藤川選手とっては,苦い経験となりましたが,7月に北海道での3試合を控えており,気持ちを切り替えて次のレースに臨んでほしいところです。
  一方,2日目に開催された5000mに出場したのは,こちらも日本選手権大会初出場の北魁道選手。春先から好調を維持してきた北選手は,スタート後も先頭から5番手あたりの好位置でレースを展開し,3000m手前から,先頭を引っ張る選手が次々と入れ替わる中でも,落ち着いて対応。後半4000mの急なペースアップにも冷静に対応しましたが,残り1周でのスプリント勝負で順位を落とし,結果10位でゴール。8位入賞はかないませんでしたが,初出場ながら今後を期待させる見事な走りを見せました。
  多くの皆さまにご声援をいただき,ありがとうございました。


出場選手および成績
6月27日(土) 〔男子10000m〕
順位 選手名 記録
1位 鎧塚 哲哉 (旭化成) 28分18秒53
2位 設楽 悠太 (Honda) 28分31秒32
3位 星 創太 (富士通) 28分37秒37
       
17位 藤川 拓也 (中国電力) 29分32秒54
20位 石川 卓哉 (中国電力) 29分46秒42

石川 卓哉選手
石川 卓哉選手
    いつも応援していただきありがとうございます。
  レース終了後から自分への苛立ちがなかなか消えません。スタートから「勝負」の舞台に立てなかったこと,結果が残せていないという現状,全て情けなく思います。
  今年3月の「びわ湖毎日マラソン」出場後は,日本選手権で表彰台に立つことを目標にやってきただけに,狙った大会で結果が残せないことはやはり悔しいです。やってきたこと全てが報われるとは思いませんが,今回は結果を残せるだけの準備ができていなかったということだと思います。
  今後は11月の記録会で27分台,1月のニューイヤー駅伝で3位以内,2月の東京マラソンでリオ五輪の出場権獲得を目標に,結果を残すための準備を夏にしっかり行いたいと思います。
  応援ありがとうございました。今後とも陸上競技部の応援よろしくお願いいたします。

藤川 拓也選手
藤川 拓也選手
    初めての日本選手権だったので,積極的に前でレースを進めようと思っていましたが,2000m過ぎから付いていくことができなくなり,苦しい走りになってしまいました。この舞台を経験したことをこれからのレースに活かし,来年はリベンジできるようにしたいと思います。

6月28日(日) 〔男子5000m〕
順位 選手名 記録
1位 村山 紘太 (旭化成) 13分37秒22
2位 大迫 傑 (Nike ORPJT) 13分37秒72
3位 出口 和也 (旭化成) 13分39秒52
       
10位 北 魁道 (中国電力) 13分42秒67

北 魁道選手(中央)
北 魁道選手(中央)
    初めての日本選手権でしたが,今季はいい流れで競技に取り組めていることもあって,6位以内を目標にしていました。良い展開で位置取りも良かったと思います。結果的に入賞を逃し,もったいなかったですが,課題も見えて今後に繋がる前向きな10位と思っています。今後の取り組み等,試行錯誤し活動していきます。





皆さまからのコメント

ランナーズブログについて
EnerGia Copyright © The Chugoku Electric Power Co., Inc.
All rights reserved.