水力発電FAQ

Q1.水力発電はどのような仕組みで発電するのですか?

A1.水を高いところから低いところへ落として,その水量と落差から発生する力を利用して発電機をまわして発電します。

Q2.水力発電にはどのような種類がありますか?

A2.流込み式,貯水池式,揚水式,また落差を得る方法の違いから,水路式,ダム式,ダム水路式などの種類があります。

Q3.さまざまな発電方法の中で,水力発電はどのくらいの割合を占めていますか?

A3.2018年度で当社6%,全国9%の割合となっています。

電源種類別発電電力量構成比(詳細図)

Q4.水力発電の発電コストはどれくらいですか?

A4.資源エネルギー庁の試算により2014年時点での発電コストは,水力発電1kWhあたりの発電単価は11.0円程度,小水力発電1kWhあたりの発電単価は23.3~27.1円程度となっています。

電源別発電原価試算結果(詳細図)

出所:長期エネルギー需給見通し小委員会に対する発電コスト等の検証に関する報告(2015年7月)
小水力とは,1,000kW以下の水力発電をいう。

Q5.水力発電所の見学は,どこへ申し込めばいいですか?

A5.以下の事業所へ事前にご連絡いただき,お申し込みください。

(鳥取・島根(出雲・邑智)・岡山)東部水力センター水力総括課  TEL 0859-31-3061
(広島・島根(浜田・益田)・山口)西部水力センター水力総括課  TEL 082-819-0017