Kids(キッズ)エネルギア
  • 知る・学ぶ知る・学ぶ
  • 自由研究自由研究
  • 楽しむ楽しむ
  • なん電だろう?調査隊なん電だろう?調査隊

エネルギア なん電だろう?調査隊

エネルギア なん電だろう?調査隊

自動車が電気で走ることが
できるのはなんでだろう?

最近よくきく環境にやさしい自動車って?

新しい燃料・動力を使った自動車が考えられている

自動車の歴史としては,電気自動車が先に開発されたんだけど,当時は1回の充電で走ることのできる距離が短く,速度も遅かったため普及しなかったんだ。

その後,ガソリンエンジンの発明・改良でガソリン自動車は世界中に広まったんだ。しかし,燃料となる石油の減少や地球温暖化防止のために,新しい燃料・動力を使った自動車が考えられているんだ。

現在ではガソリン自動車も少ないガソリンで長く走るように工夫をされているし,「天然ガス自動車」「メタノール自動車」や「電気自動車」「ハイブリット車」「燃料電池自動車」など環境にやさしい自動車が開発されているよ。

電気自動車のしくみ

クリーンな電気自動車

電気自動車はその名前の通り,電気を動力として走る車で,走行中に排気ガス(二酸化炭素)を全く出さないんだ。近年,電気をためておく電池技術の進歩や,モーターの改良によって,高性能な電気自動車が登場したんだよ。新しい電気自動車は,携帯電話にも使われている「リチウムイオン電池」を使うことで,電池の容量が増えたにもかかわらず小さくて軽くなり,一度の充電で長い距離を走ることができるようになったんだ。

充電方法は

家庭のコンセントから充電

電気自動車の電池の充電は,家庭のコンセントからできるんだ。200Vで7時間,100Vでは14時間でフル充電できるよ(三菱自動車のi MiEVの場合)。また,外出時に充電切れになった時のためにすぐに充電できる装置(急速充電装置)は,自治体や企業などの協力により全国に設置が進んでいるよ。

ガソリンと電気で走るハイブリッドカー

ハイブリットカーとは,ガソリンエンジンとモーターの両方を持った車なんだ。ガソリンエンジンの力で車を動かすと同時に,その動力や,ブレーキをかけた時などのタイヤの回転を利用して発電して電気をためるんだ。

page top