Kids(キッズ)エネルギア
  • 知る・学ぶ知る・学ぶ
  • 自由研究自由研究
  • 楽しむ楽しむ
  • なん電だろう?調査隊なん電だろう?調査隊

電気はどうやってできるの?

自然の力を使った発電

自然の力を使った発電が増えています

太陽光や風力などの自然の力を利用したエネルギーは,ずっと使い続けることができる「再生可能エネルギー」です。苦手なところもありますが,電気をつくるときに二酸化炭素を出さないなど環境にやさしく,貴重な国産エネルギーとして注目されています。

太陽光発電

太陽電池(パネル)に太陽の光があたると電気がつくられます。

太陽光発電

特徴

  • ・発電するときに,二酸化炭素が出ない。
  • ・システムが単純で修正などが簡単。
  • ・季節や天候で太陽の光の量が変わり,夜間は発電出来ないなど発電量が不安定。
  • ・たくさんの電気をつくるには広い場所が必要。

風力発電

風の力で風車を回し,その回転する力で発電します。

風力発電(山口県日置町)

特徴

  • ・発電するときに,二酸化炭素が出ない。
  • ・風は季節や時間で変わり,発電量が不安定。
  • ・たくさんの電気をつくるには広い場所が必要。
  • ・風車が回転する音がする。

地熱発電

地中深くにある地熱エネルギーを利用し,地熱によって発生した蒸気でタービンを回します。

燃料電池

特徴

  • ・ 発電する時に,二酸化炭素が出ない。
  • ・ 安定して電気をつくることができる。
  • ・ 地熱エネルギーは自然公園や温泉地の近くにあり,開発できるところが少ない。

page top